高校生対象の学力アップ・大学受験第一志望現役合格を目指す少人数制の学習塾

入塾・通塾の不安を解決します!

代表的なご質問をQ&A形式にて掲載しております。

入塾する前の“6つの不安”を解決!

閉じる

[不安1]授業の進度についていけますか?

回答

基本事項から分かりやすく授業を組み立てています。

実際の進度は、高校の授業よりも速いかもしれません。しかし、数多くの高校の生徒たちを長年にわたって指導してきた私たちは、定期テストや大学入試の出題傾向だけでなく、生徒がつまずきやすいところも知り尽くしています。だから、重要ポイントやテストに出題される内容に焦点をしぼり、その内容を理解するための基本事項から授業を組み立てていくことが可能なのです。開成ハイスクールの授業で高校の授業がさらに「わかる」「解ける」と感じてもらえると思います。

閉じる

[不安2]クラブ活動との両立は可能ですか?

回答

クラブ活動と通塾の両立はもちろん可能です。

開成ハイスクールの生徒たちは、ほとんどがクラブ活動を行っています。そのことを考慮して、高1・高2の授業は、各講座とも週1回となっています。練習がハードな運動部に所属している塾生たちも、私たちが指導する「効率のよい勉強法」を身につけて、クラブ活動との両立を可能にし、数多くの学年トップやクラストップ、志望大学合格を勝ち取ってきました。クラブの都合でやむをえず遅刻や欠席をした場合は、遅れが生じないように補習を行います。安心してクラブ活動もがんばってください。

閉じる

[不安3]定期テスト成績アップに塾の授業が役立ちますか?

回答

皆さんの学校の定期テスト対策を全力で支援します。

高1・高2は、授業の中で各高校の定期テスト対策を行っています。そして、各高校の授業進度を確認しながら、常に学校より少し先の範囲を扱っていきます。したがって、学校の授業が復習となり、より深い理解が得られるわけです。さらに、英・数とも各高校で使用されている教材をベースに作成した、オリジナルのテキストを使用しています。

閉じる

[不安4]大学受験は大丈夫なのですか?定期テスト対策中心の授業で。

回答

大丈夫です!

開成ハイスクールの最終目標はあくまで大学現役合格であり、これまでも、数多くの志望大学現役合格者を出してきました。そして、高1・高2の間は定期テスト対策を行うことが、開成ハイスクールの大学受験対策なのです。
確かに、定期テストの内容だけでは大学入試には対応できないかもしれません。しかし、難易度の高い入試問題であっても、その基礎は教科書・定期テストのレベルであることは間違いありません。高1・高2の間に基礎をしっかりと固めておけばこそ、高3からのジャンプアップが可能となるのです。ただ、高3生になってから、1年後の大学入試に向けた計画的な勉強法・勉強習慣をいきなり定着させるのは困難です。そこで、毎回の定期テストに向けての取り組みは、大学受験のための計画的な勉強法の予行演習であり、習慣づけとなるのです。開成ハイスクールの定期テスト対策は、大学受験でその真価を発揮するのです。

閉じる

[不安5]自習室は利用できますか?

回答

自習室を上手に利用して学習のリズムを確立しましょう。

志望大学に合格した多くの先輩たちが自習室を利用してきました。「家ではなかなか勉強できない。塾で集中して勉強したい。」という要望が多いことから、開成教育セミナーでは、勉強に集中できライバルとともに受験を乗り越える空間として自習室を開放しています。
また、教室にはチューターがいますので、自習していて疑問が生じたときには、チューターに質問ができます。

閉じる

[不安6]質問受けはしてくれますか?

回答

質問は大歓迎です。

学校の授業や問題集などでわからないところがあって困っているときには、気軽にチューター制度を利用してください。チューターとは、マンツーマンで教えてくれる先生のことです。授業以外の時間・曜日に質問することもできますし、受講教科以外の質問も大歓迎です。難しいところもわかりやすく丁寧に説明してくれますし、納得がいかなければ何回でも質問することができます。勉強以外でも、学校で困っていることがあれば相談していただいてかまいません。

  • 授業の進度についていけますか?
  • クラブ活動との両立は可能ですか?
  • 定期テスト成績アップに塾の授業が役立ちますか?
  • 大学受験は大丈夫なのですか?定期テスト対策中心の授業で。
  • 自習室は利用できますか?
  • 質問受けはしてくれますか?

よくあるご質問

体験授業はできますか?

もちろん、体験授業にご参加いただけます。

体験授業については、お気軽に参加ご希望の教室にお問い合わせ下さい。体験授業の開始日や参加科目などについて、ご要望をお伺いし、最適のスケジュールをご相談させていただきます。

補習はしてくれますか?

もちろん、補習を行います。

どんどん補習希望を申し出てください。また「わからない」と自分から言い出しにくいこともあるかもしれません。そこで、授業中の表情や演習の結果に基づいて、教師のほうから授業終了後に「わからないところはなかった?」と声をかけ、タイムリーな補習を常に心がけています。

国公立二次対策はやってくれますか?

「国公立二次対策講座」を開講し、最後までしっかりとサポートします。

英語の記述対策や、数学の合格答案作成指導、国語で論述が必要な場合は論述の添削指導を行います。