小学生・中学生対象の学力アップ・中学受験・高校受験志望校合格を目指す少人数制の学習塾

学年別コース案内(中学1年生)

  • 小学1・2年生
  • 小学3・4年生
  • 小学5・6年生
  • 中学1年生
  • 中学2年生
  • 中学3年生

志望校合格に向けて、スタートダッシュ

学習教科や学習内容はもとより、クラブ活動なども含めた生活サイクル全般が大きく変わる中学生活のスタートです。開成教育セミナーの中学生 実力練成コースでは、早期に中学校でのしっかりした学習スタイルを確立するよう、家庭学習も含めて指導します。
まずは定期テストで高得点をとることが第一目標。加えて将来のトップ校合格に照準を合わせた実力養成も図ります。

中学生 実力練成コース

上位公私立高校合格のためのコース。
独自の指導システムに基づき、学校成績を伸ばしながら入試に直結する真の実力を養成します。

少人数制だからできるゼミ式授業で、「わからない」を「わかる」に、「わかる」から「できる」に変えていきます。また、月例確認テストや開成公開テストで、現状の学力や弱点を把握し、一人ひとりをしっかりサポートしていきます。

英語

中学1年生は英語学習の土台を固めていく時期であり、慣れないルールや単語の「暗記」に偏りがちです。

しかし、新出単元の導入においては、一方的な講義形式で形を教え込むのではなく、「既に習ったことを足掛かりに、生徒たちに考え理解させること」を目標とします。また、基本・標準・発展の3つのレベルからなるオリジナルテキストや小テスト類を用いて、段階的に演習をさせ、無理なく知識を定着させます。

重点項目be動詞/一般動詞/名詞/代名詞/疑問詞/時制(現在形・進行形・過去形)など

数学

数学と算数の相違点は大きく2つあり、1つは数の世界の広がりです。すなわちマイナスの世界に踏み込むことです。

もう1つは文字の活用です。これにより、抽象的な思考が要求されます。この2点を確実に習得し、数学の土台をつくります。

重点項目正負の数/文字式/1次方程式/比例・反比例/平面図形/空間図形/資料の活用

国語

将来の高校入試を展望し、授業では「文章読解力の養成」、「国語知識の習得」、「論理的思考力・記述力の向上」を学習目標に設定しています。

学習の柱となる「文章読解力の養成」では、文章の種類に応じた読解の方法や解答の導き方を、導入解説と演習を通じて段階的・系統的に指導していきます。中学校から本格的な学習の始まる古文や文法は、導入から丁寧に指導し、着実な理解と定着を図ります。

重点項目文章読解(説明文・論説文・随筆・小説)/韻文(詩)/古典(古文)/文法/漢字/
国語知識(語句・表現)

理科

中学生が学習する理科は、小学生に比べ内容量が急に増加し、教科書も200ページを超えるほどです。

特に1学期の後半から1分野に入り、公式を活用する計算問題も増えてきます。これらの学習を無理なく無駄なく進めていく方法を指導していきます。

重点項目植物のつくりとはたらき/物質の分類/気体/水溶液/状態変化/光/音/力/火山と火成岩/
地震/地層と堆積岩

社会

中学1年生の社会科(地理・歴史)において、インターネットでの映像授業を配信しています。

社会科は中学校によって、「地理→歴史」「地歴並行」など進み方がまちまちです。そのため、多くの生徒にとって、前後の単元のつながりや、地理と歴史の関係性などがわかりづらく、「社会科嫌い」を生じさせる一因にもなっています。
このような弊害を避け、また高校入試に向けて確実な学力を身につけるためにも、塾独自のカリキュラムを組んでいます。一方で、各中学校の定期テスト対策にも十分な時間を確保していますので、無理なく学力と成績をアップさせることができます。

重点項目地理 … 地理の基本的な学習法、歴史 … 効果的な知識定着の手法

ページの先頭へ

受講例

例)中学1年生 Aさんの場合・・・中1になってから授業の進度が速くなり、焦っている。テストの点数が下がらないか心配している。

通常スケジュール

時間割
1時間目
17:00~18:20
        自習室で自習   楽習ナビ
2時間目
19:10~20:30
数学 理科   英語 社会 自習室で自習  
3時間目
20:35~21:55
        国語    

※スケジュールは地域によって異なります。詳しくはお問い合わせください。

受講のポイント

  1. 新しい環境での学習リズムを、早期に確立する
  2. 学校生活と塾での学習のペースをつかむ
  3. 自習室の活用や質問など、自学習を身につける

テスト前スケジュール

時間割
1時間目
17:00~18:20
          定期テスト
直前ゼミ
自習室で自習
2時間目
19:10~20:30
数学 理科   英語 社会
3時間目
20:35~21:55
  自習室で自習   自習室で自習 国語    

受講のポイント

  1. 開成で発行している塾生手帳で、スケジュール管理
  2. テスト2週間前から、授業内で定期テスト対策を実施
  3. テスト1週間前には、直前ゼミで定期テスト前の総仕上げ

ページの先頭へ

みんなの声

先生中学に進学してまず小学校との違いを感じるのが定期テストです。これまでは単元が終了するごとにテストがありましたが、中学校では異なります。この大事なスタートの時期につまずかないようかつダッシュをきれるよう効率良い勉強法を指導しながら全力でサポートいたします。

生徒学校の授業進度が早くなるうえ量も多く大変ですが、開成ではテスト前にはしっかりと学校の試験範囲にあった対策や出題傾向を考慮した演習をしてもらえるので安心して勉強を進められています。

生徒「中学生になると勉強が難しくなる」と母は言っていましたが、今のところ、学校の授業がわからないということはありません。開成の授業が予習になり、演習もやってくれるので、自信をもってテストを受けています。

保護者学習内容も増え、定期テストの負担、クラブ活動などがらりと子どもの環境が変わる中で親は心配ばかりですが、開成では細かな目標を掲げてそれを達成していくという流れで、子どもに自信と向上心を持たせてくれるので安心です。

保護者中学生になると、自主性を身につけてほしいということもあり、親が勉強を管理する、ということを一切やめました。ですが、開成の指導のおかげで特に成績が落ちることもなく、楽しそうに塾や学校に通っています。

中学生 実力練成コースのご案内

ページの先頭へ

その他のコース

難関校突破コース 選抜シリウス

シリウスは公立トップ校・難関国私立高を目指すコース・クラスで、合格のために必要となる実力を養成します。

作文添削教室[文章力]

書くことに慣れ、表現力を高めることは、マルチメディアの発達により映像世代といわれる生徒たちにとって、ますます必要となっています。

もっと知りたいと思ったら、お近くの開成教育セミナーへ

近くの教室を探す
教室の雰囲気やアクセス情報を掲載!
教室見学(無料)・体験授業も受付中!
入塾に関するQ&A
入塾までの流れや、入塾料・授業料のご説明はこちら!

ページの先頭へ