小学生・中学生対象の学力アップ・中学受験・高校受験志望校合格を目指す少人数制の学習塾

咲くやこの花中学受験コース

2018.03.29

4月より御幣島教室開講&開講学年拡大

思考力・判断力・表現力重視型の超難関入試で、抜群の指導成果を発揮!
咲くやこの花中学校志望生の指導なら
信頼と伝統ある開成教育セミナーにお任せください。

コース開講6教室にて
小5・6生クラスを開講!

まずは2週間無料体験授業
咲くやこの花中学受験コースをご体感ください!

小1~小4生対象 咲くやこの花中学受験準備コース(実力練成コース)も随時受付中です。

体験授業お申込み

2017年度 合格体験記 下記バナーをクリックすると体験記がご覧になれます。

ぼくは、二年生のころから塾に通いました。はじめは、北巽教室で中学受験の内容を勉強し、咲くやこの花中学に行きたいと思った六年生のときに、JR野田駅前教室に通い始めました。
はじめのころ、算数は、「これは算数なのか?」と思うような問題が多く、作文もあまり上手に書くことができませんでした。宿題は、北巽教室の分もあるので、両立が難しかったです。 塾に通って学んだことは、「やり直し」の大切さです。北巽教室で安孫子先生や岸川先生からやり直しが大切という話をよく聞きました。JR野田駅前教室では、芦立先生からやり直しノートをつくるよう教えてもらいました。二つの教室の先生どちらともが同じことを言っていたので、なおしは大切なことだと思いました。 受験が近くなってくると、作文も上達しました。坪井先生が字がきれいや作文が上手になっているとほめてくれて、うれしかったです。算数は、適性検査Ⅱの過去問をしたとき、満点をとることができました。面接の練習は、すごく苦手でしたが、岡村先生がアドバスをしてくれました。安孫子先生からも、どのようなことをそなえていると良いか教えてもらいました。 ついに受験本番。ぼくは、緊張はあまりしませんでした。一日目の適性検査Ⅰ・Ⅱは、とくに問題はなく、大きな自信がありました。面接も自分の言いたいことをすべて言いました。 ぼくは、受験勉強をしていて計画表を立てることが良いと思いました。計画表を立てることにより、宿題をためすぎず、勉強の時間が増やすことができます。
最後に、今までお世話になった坪井先生、芦立先生、岸川先生、そして、岡村先生と安孫子先生本当にありがとうございました。これからも中学・高校でがんばります。

【保護者からのメッセージ】
この度は無事志望校に合格する事が出来たのも先生方の温かい御支援があっての賜物で家族一同、大変喜んでおります。 兄の影響で早くから中学受験を視野に開成ベガに通わせていましたが何となく勉強しているという感じでした。しかしながら先生方の御指導と本人のがんばりもあって学ぶ事の大切さを知り、継続する事で自信も付いていく事を知っていったのではと感じています。 特に咲くや中学の独特な算数問題に対応できる様になっていったのも開成ベガでの学習経験が大きかったと思っています。又、一時通わせていたパズル道場も楽しみながら『思考力』や『空間認識力』を高める効果と算数を解くセンスが養われていったと感じており、咲くや中学の受験を考えている方にはお勧めしたいと思います。合わせて難問が解けたという達成感は自信に繋がり難しい=楽しいと思える様になってくれたらしめたものです。あと苦手としていた作文も安孫子先生の丁寧な添削指導のおかげで弱点を克服しながら、開成主催の読解・作文力検定一級も取得する事が出来ました。本人も自信に繋がった様で一つの大きな出来事として捉えています。 受験間際になると野田教室の坪井先生の最後のメッセージ『作文作成の5ヵ条』を大事に持っておりました。作文添削でも心の込もったメッセージを頂き本人もブレる事なく受験勉強に打ち込めたのもこの様な先生方の人間的な温かさを感じ取ったからだと確信しています。あとは母親の存在も大きい。毎日学校の事に限らず色々な事を聞いたり話したりとつねに関心を持っていて何でも話せる雰囲気を作ってくれました。兄とも大変仲が良く家にいると安らぐ様でこの安らぐ場所があるというのは大変重要な事だと思っています。
最後に合格発表の時、泣きながら岡村先生と抱き合って喜んだ経験は一生忘れられないものになったようです。これからは開成での経験を大切にしながら次の通過点に向かってがんばってほしいと思います。その時きっと開成の先生方から学んどって良かったなぁと感謝する時が来るだろうと思います。この感謝の気持ちをいつまでも忘れず持ち続けてほしいと思います。北巽教室の先生方、野田教室の先生方、お世話になりありがとうございました。

「あった!」咲くやこの花中学校の合格発表。周りからいろんな声が聞こえてくるなか、私は自分の受験番号を見つけ、達成感でいっぱいになりました。 私が塾に通いたいと思ったのは、十月ごろで、実際に通い始めたのは十一月になってからでした。特に力を入れたのは作文です。言語分野を受験するからです。友達と点数を比べあい、一喜一憂することもたくさんありました。また、一月にやった公開テストの結果が受験日の前日に届き、悪い順位で心配になりました。そんな中、私が「合格」することができたのは、次の四つがあったからだと思います。 一つ目は、「心から楽しめる教科を一つはつくること」です。私は歴史と国語が大好きです。特に国語は、咲くやこの花中学校で実際に出題された過去問も、全然苦になりませんでした。 二つ目は、「最後まであきらめないこと」です。適性検査Ⅰの算数では、前日に見直した問題集の中の問題によく似たものが出されました。この日は公開テストの結果が悪く、心配になりましたが、最後まで粘り強く取り組んだのがよかったと思います。 三つめは、「家族の存在」です。熱心に教えてくれたお父さん。私を自由にしてくれ、かげで応援してくれたお母さん。二人が勧めてくれる勉強方法をやっていくことで、ストレスがあまりなく、勉強することができました。 四つ目は、「開成教育セミナーの先生方」です。作文の添削をしていただいたり、書いた作文をほめていただいたりしました。また授業中にいろいろな問題の解説をたくさん聞きました。そのおかげで「絶対合格する!」と自信につながりました。咲くやこの花中学校の合格発表のときには、自分の受験番号を私が見つけた直後、私のところに来てくれて一緒に喜んでくださいました。
最後に、これから受験しようと考えているみなさん、きっと報われる時が来ます。でもその時が来るまでは、とてもつらいと思います。そのつらさにたえて、楽しむような勢いで、今をがんばっていってください。「信じてやっていけば、きっと夢はかなう!」ということを忘れないようにしましょう。また「験は気にしない」でください。験を担ぐなと言っているわけではなく、「験が悪い」と思っても、気にしないでください。せっかく今まで努力してきたのに、そんなことで落ちこんでいたら、実力が出せません。私は、当日、はしを落としてしまいました。でも、気にせずに受けました。だから合格したのかもしれません。 みなさんも自分に自信をもって、がんばってください。

【保護者からのメッセージ】
六年生の夏から咲くやこの花中学校を目指していましたが、適性検査という教科を超えた出題内容に本人も試行錯誤で先行き不安な日々を続けており、十月になって開成教育セミナーに通いたいと言い出した時は、もう遅いのでは?と内心思いました。 ところが、講義の中で娘が書いた作文に対して褒めて頂けた事が自信に繋がり、また教わった問題が受験で出てきたらしく、合格した事に、親子共々驚きと感謝をしています。

咲くやこの花中学受験コースのご案内はこちら

咲くやこの花中受験コースはこちら

 

咲くやこの花中学受験コースの開講教室を詳しく見る

大正教室

西田辺教室

桃谷駅前教室

JR野田駅前教室

千鳥橋駅前教室

御幣島教室

[フリーダイヤル]クラス指導本部 0120-55-0564

 

イベント・トピックスへ戻る

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ