小学生・中学生対象の学力アップ・中学受験・高校受験志望校合格を目指す少人数制の学習塾

お悩み

学校の授業についていくのに必死で、学校の宿題にも空白が目立ってきました。

小学6年生の息子についてご相談させてください。

小学校は楽しそうに通っているのですが、家で学校の宿題をしているときに分からない問題が多いのか、面倒だからとばしているのか、空白が目立ってきました。難問や応用問題ならまだしも、算数にいたっては文章が出てきただけで見向きもしなくなっているのではと不安です。最近では宿題がおろそかになってしまっている分だけ、学校の授業にもついていけていないように思います。

将来中学校へ進学したときに、この癖が抜けないままだと苦労するのは息子なのですが、なかなかじっくりと勉強に取り組むことが難しい様子です。

中学校進学を控えた今の時期からは遅いかもしれませんが、基礎からしっかり教えていただけないでしょうか。

そのお悩み、開成教育セミナーなら解決できます!

解決

小学生分野の総復習による中学校へ向けた基礎の確立を
第一目標に指導します。

高学年と呼ばれる小学5年生や6年生は、中学校進学を意識し始める時期であり、これまで学習塾に通われていなかった方が通塾を検討される時期でもあります。お子様は小学6年生ということで、まさに中学校進学を控えた学年ですね。

開成教育セミナーでは、どの時期にご入塾いただいても、まずはしっかりと勉強に対する姿勢、例えば授業の受け方・ノートの取り方・宿題の仕方など、学習習慣の基礎を徹底指導いたします。それと並行して学習指導を行いますので、現在学習習慣が確立されていないお子様にも安心してご受講いただけます。

また、お母さまが仰る通り、空白を作ってしまうとその問題は必ず不正解となってしまいます。なぜ間違えてしまったのかという振り返りもできないまま、先に進むことがないように、できるだけ空白を作らずにじっくり取り組むことの大切さを指導します。わからなければ教師に質問ができるよう、声掛けも随時行っています。

通常授業は公立小学校の先取り授業を行いつつも、講習会などでは既習範囲の復習もいたします。先取り授業と復習を行うことで、「学校の授業についていけない」「わからないまま進んでしまう」という事態に陥ることもありません。

大きく環境が変わってしまうことに不安を感じていらっしゃるかと存じますが、中学校での学習は小学校分野の上に成り立つものです。今の時期にしっかりと基礎の確立をすることで、中学校進学後も余裕を持った学習計画を立てることが可能となります。まずは一度、開成の授業をお試しください!

ぜひ、教室見学や体験授業を受けていただき、
学校の成績が伸びる開成教育セミナーの指導を実感してください!

小学生実力練成コース

「もっと伸びる、信頼の指導」
将来の高校受験を見据えた基礎作りのコースです。

コース案内

体験授業のお申込みは随時受け付けております。まずはお気軽にお問い合わせください。

近くの教室を探す

ページの先頭へ