大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ


2016 年 8 月 8 日 のアーカイブ

模試の活用法

2016 年 8 月 8 日 月曜日

高3生の皆さんは、今後も多くの模試を受けることになるでしょうが、結果が返却されて、その判定に一喜一憂している姿をよく見かけます。それで終わっては、せっかくの模試も活用しきれているとは言いえません。そこで、今回は、模試を受けた後の活用法を紹介します。

模試を受けた後、一番大事なことは、その『復習』をすることです。
模試は、良問の予想問題の集まりです。重要な問題が偏りなく出題されています。
そして、模試の復習には「解説」をしっかりと活用することが重要です。解説には、完成度の高い解答の根拠が、とても丁寧に記されています。

その中でも特に活用して欲しい科目は、国語の解説です。国語は点数を伸ばすのが難しい科目だと言われます。それは、多くの受験生が「何となく」解いているからです。その「何となく」の状態からレベルアップするには、「正しい選択をするための根拠の見つけ方」をマスターする必要があります。模試は、その格好のトレーニングになります。解説と、自分の判断とを照らし合わせることで、読解力を磨くことが出来ます。どんな問題だったか、自分がどう解いたかという記憶が大切なので、当日中の復習が重要です。

もちろん他の教科についても、問題に対する自分の印象が残っているうちに解き直しましょう。模試という緊張状態の中で、本気で向き合った問題は、復習を行うことで、様々な効果をもたらしてくれます。

これからが受験勉強本番です。
私たちも一生懸命サポートしてきます。
体調管理にも気を付けてください。

開成ハイスクール 数学科