ごあいさつ

時代のニーズに応える子育てと学習の支援活動をミッションとして、幅広い企業活動を展開します。株式会社成学社 代表取締役会長太田明弘 代表取締役社長永井博

私たち成学杜グループは、「進化と成長」をモットーとして、21世紀に生きる子どもたちの学びと子育てを支援する企業です。
1982年の夏、進学塾「開成教育セミナー」として誕生した当社グループは、40年近くにわたり、社会の変化とニーズに積極的に対応するための挑戦を続けてきました。
「時代は我々にどのような教育と貢献を求めているか?」ということが変わることのない視点でした。そして、そのための研究と知見を積み重ねながら、当社グループの教育内容の充実と、事業領域の拡大に取り組んできました。
個別対応型の学習塾として開設した「個別指導学院フリーステップ」は、いまや、点数アップと大学受験に強い個別指導塾として、近畿圏を中心に圧倒的な支持を集め、首都圏においても塾生数を大きく伸ばしつつあります。
深刻な待機児童問題を解消するために参画した保育事業は、すでに認可保育園と小規模認可保育園と合わせて17か園を運営する規模にまで至っています。
また、これからのグローバル社会を見据え、主にアジアからの留学生支援のために開校した「開成アカデミー日本語学校」は着実に学生数が増加しています。
これらの教育・保育事業に加え、韓国、ベトナム、フィリピンなどの国々で日本語学校を運営すると共に、現地から日本への留学と就職斡旋を行う事業計画を推進中です。
時代の変化と新しいニーズに対応するための私たちの飽くなき挑戦は続きます。私たちは、「育=growth」の分野で日本だけでなく世界で活躍できる人材の育成に貢献していきます。
日本は今、少子高齢化社会を迎えていますが、未来に生きる子どもたちが夢と希望と自信をもって、先行き不透明な時代にも活躍していけるよう、知識や技能だけでなく、豊かな思考力と創造力そして生きる力の育成を図らなければなりません。当社グループはこのような社会的な課題に対し、最適解を提供できる企業づくりを進めていきます。 2008年にジャスダック証券取引所(現 東京証券取引所JASDAQスタンダード市場)への株式上場を果たした当社は、既存事業の成長と新規事業の創出を図りながら、業容を安定的に拡大させ、ステークホルダーの方々の期待に応えていきたいと思います。 成学社グループは日本を代表する教育と子育て支援企業としての発展を目指しながら、社会貢献に努めてまいります。

2020年6月
会社概要・沿革
成学社の基本情報と歩みについてご説明します
成学社の理念
成学社の企業理念・経営ポリシーなどをご紹介します
事業内容
成学社グループの事業内容、グループ会社についてご説明します
コーポレートガバナンス
コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方についてご説明します
事業に関するリスク
投資判断に影響を及ぼす可能性のあるリスクについてご説明します
ページのトップへ