小学生・中学生・高校生対象の学力アップ・中学受験・高校受験・大学受験志望校合格を目指す個別指導の学習塾

合格おめでとう!

合格校
早稲田大学(教育 社会-地理歴史)
出身校
武南高校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 保谷教室

 私がフリーステップに入塾した時期は、高校2年生に上がる春休みでした。母から中学の同級生が通っているという話がきっかけとなります。その同級生は成績が良く、あの子が通っている塾ならば間違いないと思ったからです。高校2年生までは、受験という雰囲気がなかった高校も年が明け、受験に向けた緊張感がでてきました。高校の先生も「高2の1月は0学期だ!」と熱の入った言葉を言う事が増えてきたことを覚えています。
 私の高校のクラスメイトはいわゆる予備校と呼ばれる塾に通う人がほとんどで個別塾に通っていたのは、私だけだったと思います。ただ、私は予備校のように一方的な授業が苦手で、わからないところをすぐに質問できるような個別塾が合っていると思った為、受験学年に上がった際もフリーステップでの受験を決意しました。

 担当の先生にしてもらったことで特に参考になったことが2つあります。「受験生のスケジュール」と「過去問パターン」です。「受験生のスケジュール」は、夏休みを始めとした時間の正しい使い方を教えてもらったこと、時期に合わせて自分が何を終わらせておくべきかを明確にしてもらったことです。そのおかげで受験期間を計画的に過ごすことができました。「過去問パターン」は、志望大学の赤本だけでは演習量が少なかったため、志望大学の問題傾向にあった他大学の過去問を準備してくれたことです。自分ではわからないことに対応をしてくれたことが、とても心強かったです。

 受験大学が最終決定した12月ぐらいにチーフから代ゼミサテラインの「早稲田大学の直前対策講座」を勧められました。私は映像授業が苦手でやりたくないと思っていましたが、チーフの「合格に必要」という言葉と母親の後押しに負け、受講をしました。特に、日本史の授業では、何十年分の過去問を分析した先生が、覚えておくことを明確にしてくれたことで、心に余裕ができました。その安心感が合格の可能性を少しでも高めてくれたのかもしれません。

 最後に、私は大学受験を通じて、強い人間になれたと思いました。高い目標を持って、自分の夢を実現するために努力した時間は、これからの人生の中でも良い経験だったと誇れるものになったと思います。これを読んでいるみなさんにも、ぜひ同じような経験をして欲しいと思っています。

ページの先頭へ

早稲田大学の合格体験記

  • 早稲田大学(文 文)合格
  • 早稲田大学(教育 社会-公共市民学)合格