小学生・中学生・高校生対象の学力アップ・中学受験・高校受験・大学受験志望校合格を目指す個別指導の学習塾

合格おめでとう!

合格校
嵯峨野高校(京都こすもす共修)
出身校
立命館中学校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 桂教室

私がこの塾に通い始めたのは小学五年生の終わりです。それまでは集団塾に通って中学受験をしようと考えていました。しかし、だんだん成績が伸びなくなり、自分の中で勉強が嫌いになっていき、通っていた塾をやめてしまいました。塾をやめてからは成績がどんどん悪くなっていったので、「このままではまずい」と考え、この塾に行こうと思いました。
この塾の良いと思うところは2つあります。一つ目は、授業は一対二で行われるので授業中に分からないところを質問することができるところです。また、学校の授業の予習もできるので学校の勉強がとても楽にできます。二つ目は、講師の先生たちがとても気さくで話しやすいというところです。おすすめの勉強方法や先生方自身の受験の時の体験談を聞くことができ、とてもためになりました。
塾では受験に向けて、私はより難しい問題をたくさん解くということを常に意識していました。それが合格につながったと思います。難しい問題を解くのは正直、嫌でした。問題は自分の力だけでは解けないものが多く、何よりも一問解くのに時間がかかりました。「一時間ずっと勉強していたのにたったの五問しか終わっていない!」なんて時が何度もありました。しかし、難しい問題を解くというのは簡単な問題を大量にこなすよりも力になります。勉強はすればするほど結果につながります。その模試の結果は、必ずモチベーションをあげてくれます。私はそうやって自分に自信をつけて受験に臨みました。
ここで合格へつながった勉強方法を紹介したいです。私の勉強法は主に二つあります。一つ目に一日の初めにその日の具体的目標と勉強のノルマを立てました。そのおかげで一日のするべきことが明確になるので勉強がはかどりました。また、一日のおわりにその日の反省とこれからの課題を書き出し、次の日に改善するよう心がけました。二つ目に、過去問を解き終わったら、自分で答案分析をしました。間違えた問題と理由をまとめて、自分の弱い点を自分で見つけ、ひたすらその勉強をしていました。自分が苦手な分野を勉強するのはなかなかうまくいかず、心が折れそうになる時もありましたが、二回目に問題を解いて正解できるようになると大きな自信になりました。
通塾していて印象に残ったことは苦手な英語が克服できたことです。私には二年ほど担当していただいている先生がいます。その先生には数学・理科・英語を習っていました。数学と理科は元々得意な方だったのであまり困ったということはなかったけれど、英語が大の苦手でした。HealthyとHealthの違いが分かっていませんでした。そんな私が中学三年生になった頃、その先生は私に中学一年生から三年生までの英語の範囲を一から全て教えて下さいました。中学三年生の十月に全ての範囲が終わり、その頃には英語にとても自信がもてました。数字だけでみると、中学二年生の頃は48だった偏差値が中学三年生の一月には69になっていました。全然英語を分かっていなかった私に、分かりやすく楽しい授業をして下さったことにとても感謝しています。
最後に周りの人への感謝の気持ちをこの体験記で伝えたいと思います。母は一番近くで私を応援してくれていました。塾に行くときはいつも「がんばってきいや」と笑顔で送ってくれました。私が母に強く当たってしまった時でも母は明るく励ましてくれました。父は、私が「もしも受験に落ちたらどうしよう」と不安がっていると「落ちても気にしなくていいよ」と優しい言葉をたくさんかけてくれました。その父の優しい言葉で安心して受験に挑むことができました。チーフと塾の先生方は私に対していつも前向きでポジティブな言葉をかけてくださいました。塾のあたたかく優しい雰囲気のおかげで楽しく勉強することができました。両親にも塾の先生にもまず感謝の気持ちを伝えたいです。そして、これからも頑張る姿を見せたいです。

【保護者のメッセージ】
 小学校受験を経て、高校までは内部進学すると決めていた娘に、高校入試を勧めて下さったのは他でもないFSの担当の先生でした。とても信頼しているその先生からの提案に迷う事などありません。しかしいざ志望校を決めたものの、学校から入試情報など何も提供がなく、分からない事など全て教室のチーフを頼りました。娘も二学期を過ぎれば友達との置かれている立場の違いに少し疲弊している様でした。大きな重圧の中にいる事に理解していましたが、あえて気遣うような声かけはせず普段通りを心がけて日々を過ごしました。冬期講習会では多くの先生から励まして頂きとても勇気づけられた様子でした。発表の日、不合格でも娘の頑張りに変わりはないと二人で腕を組んで番号を見付けた喜びは忘れられません。この合格により新たな目標ができた娘。素晴らしいスタートが切れた事に感謝してこれからも努力し続けて欲しいと願っています。

ページの先頭へ

嵯峨野高校の合格体験記

  • 嵯峨野高校(京都こすもす共修)合格
  • 嵯峨野高校(京都こすもす専修)合格