高・中・小(全学年)対象の学力アップ・中学受験・高校受験・大学受験志望校合格を目指す個別指導の学習塾

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

合格校
大谷(大阪)中学校(医進コース)
出身校
大阪市立南津守小学校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 岸里教室

 私は将来薬剤師になろうと、薬学系に強い大谷中学校への進学を決心し、フリーステップに入ったのは、コロナの流行が始まってからの5年生夏休み前の事でした。
 受験に必要な3教科のうち理科は、覚えなければいけない事ばかりで、最初は知らない用語を何回も復習するようにして、覚えている部分を増やしていきました。また、宇宙の事は興味があったので、すんなりと頭に入りました。苦手だった電流は、先生に何度も宿題を出してもらって、だんだんと出来るようになりました。
 算数では、先生が問題ごとに解説してくれたので、いろいろな解き方が分かり、難しい問題もなやんだ末に解けたりすると、スッキリしてうれしくて、もっと難しい問題を解けるようになろうと思えてきました。
 国語は前から読書が好きだったので、文章を読むのはきらいでなかったものの、心情問題は6年生の冬休みまで苦手でした。でも文章から言葉を抜き出す以外に、自分の考えも書いた方が、より良い解答に近づける事を知りました。夏から解いたプリントの実戦問題は、3教科で優に50センチの高さになっていました。
 受験直前のお正月は、映画やお笑いも観て、ちょっと息抜きしました。受験数日前、それまで担当して頂いた先生方より、寄せ書きカードとカイロをプレゼントしてもらい、とてもうれしかったです。
 そうして迎えた本番1時間目のテストは、緊張でお腹が痛くなりましたが、頭はそこまで影響を受けず、最後まで書き進められました。またテストすべてで時間配分を考えつつ、見直しもしました。
 志望校へ合格がかない、春からもフリーステップでがんばりたいと思います。

【保護者からのメッセージ】
 受験生の親は、子供に不安でなく自信をどう持たせるのか、とても大事だと思います。
 娘は幼い頃、勉強から少し距離をあけた習い事で、楽しさを肌に沁ませてから入塾させたので、肝が据わっている様に私には見えました。それでも、面倒くさい問題にはそっぽを向く事もしばしばありました。いつしか、投げてしまった問題も解き直そうという姿勢が見られ、ゾーンに入ったように集中する時間が増えました。その間、塾の先生方はいつも穏やかさを失わず、子供をサポート下さっていました。
 この2年間、ぼう大とも見える課題をやり遂げ、受験日の帰り道、「今日は私、とても機嫌がいいの。」と話してくれた娘を、どんなに頼もしく思えたでしょう。
 フリーステップの各教科の先生方の柔軟な教育ご指導で、合格へ導いて下さいました事、深く感謝申し上げたいと思います。

ページの先頭へ