高・中・小(全学年)対象の学力アップ・中学受験・高校受験・大学受験志望校合格を目指す個別指導の学習塾

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

合格校
多摩美術大学(美術 生産デザ-プロダクトデザイン)
出身校
宝仙学園高等学校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 西落合教室

 今、この1年間をふり返ってみて思うことはただひたすらにやり続けてきたという事です。私は学校長推薦で多摩美術大学に合格しました。週6の美塾に土曜日はフリーステップ3コマとかなりのハードスケジュールだったと思います。それを乗り越えられたのはどうしても多摩美でやりたい事があったことと美術が好きだったからです。そもそも私は授業中に爆睡したり落がきしたりと英語が大嫌いで得意な国語の成績も伸びず、実技も下手クソな成績の悪い生徒でした。しかし周りが段々と志望校を決めて勉強に励みだし実技はハイレベルコースにあがっていき私は焦りと不安でいっぱいになりました。流石に私マズくないか?と。そして母が見つけてくれたフリーステップに入塾し英語の徹底復習と国語の強化を図りました。英文法のやり直しは自分が思っている以上に辛く、教科書を何周しても身につくまでには相当な時間がかかりました。それと同時に実技は考え方や伝え方、話し方に表現方法など身につけることだらけでした。実技も勉強もただひたすらにやってやってやり続けました。私には効率良くというのは無理です。何回も繰り返す。これが一番身にしみて、こうするにはどうすればいいんだろうなどと考えることに繋がったからです。ひたすらやった結果英語はテストで半分、国語は上位のクラスに入ることができました。ひたすらやるといっても1年半程で英文法と英語解釈、国語の正答率と読解力が身につけられたのはフリーステップの先生方が私にあったペースや取り組み方を指導して下さったからだと思います。英語は引き続き長文に向けての対策と同時に文法をやり、国語は古文単語に力を入れ勉強面はいい感じでした。しかし実技は伸び悩み息詰まりました。入試方式が1つあったので自分に自信のある方を選んでいたにも関わらず実技がダメになるのは精神的にきつかったです。それでも時間は待ってくれないので入試方法を変更しました。そこからは徹夜をする日が多くなったり同時に面接練習や自己アピール文の作成など一段と忙しくなりました。とにかくせわしない生活を続けているとあっという間に受験本番でした。当日はいつも通りにやる事ができましたが不安で大泣きしながら翌日の面接練習をしに美塾へと行った事を覚えています。(翌日の面接は楽しかったです。)私が受験を通して思ったのはやってきた事しかできないということです。受験当日に何がでようと結局自分のしてきた事が全てなので私のひたすらやるはある意味正解だったのかもしれません。私が続けていられたのは自分の意地も多少はありましたが先生方の応援やサポートがあったからだと思います。本当にありがとうございました。問題点や改善点を見つけ、それを意識して直すことを繰り返せば多分成績は伸びます。焦らずに1つ1つをきちんとやりきって少しずつ自信をつけて頑張ってください。

ページの先頭へ