高・中・小(全学年)対象の学力アップ・中学受験・高校受験・大学受験志望校合格を目指す個別指導の学習塾

壁は越えられる人の前にしか現れない。越え方は必ずある。

教務課 教務管理チーム

明石明美先生

やる気スイッチを探しています

いつも生徒のやる気スイッチを常に探しながら、日々子どもたちと接しています。個別指導だけあって、個性は様々です。『この子は塾の小テストで満点とったら自信をつけてがんばってくれるかな。』『この子には、ちょっとした計算ミスにも厳しく対応した方が緊張感を持ってできるようになるかな』などと、生徒の性格や、テストでの間違い方を分析した結果をもとに、一人一人のモチベーションが上がる教室作りを心がけています。

通ってくれている生徒さんの5年後、10年後まで見据えて

淡路駅前教室に通ってくれている生徒さん全員にテストで100点をとる実力をつけることはもちろん大切です。『成績を上げる』ための塾である以上、その使命は変わりません。しかし、私たちはそれ以上に、お預かりしている生徒さんが、勉強という一つの壁に対してしっかり真正面からぶつかり、『できる達成感』『わかる嬉しさ』を実感してもらえることが、今後長い人生の中で、私たち指導者ができる最大の教育サービスではないかと考えています。

壁は越えられる人の前にしか現れない。越え方は必ずある

私は何か困難にぶちあたったとき、いつもこの言葉を思い出します。子どもたちだけでなく、大人になってからも、生きている以上たくさんの壁は存在し続けます。でも、それは越えられる力があるからこそ存在するのではないでしょうか。そして、子どもたちにとっての最初の壁は勉強やテスト、そして受験です。『つらい』『もう辞めたい』と思うこともたくさんあると思います。でも『つらい』と思うのは、今がんばっているから。『もう辞めたい』と思うのは、今しっかり向き合っているから。自分が一つ一つ階段を着実に上っていることを実感してもらいたいと思っています。

英語が苦手な中学3年生がいました。クラス指導教室に通っていて、レベルの高い授業を受けていましたが、成績は逆に下降するばかりでした。中学2年の学年末テストでは30点ほどでした。とても真面目で、宿題も忘れたりするわけではないのに、どうしてだろうと思いテストを分析した結果、Be動詞と一般動詞の区別があやふやなままだったのです。本来中1で習う単元なのですが、このつまずきが3年間の彼の英語の点数を滞らせていた原因でした。中学3年生の春、彼にはBe動詞の復習から始めさせました。焦る気持ちは私にも生徒にもありましたが、英語はこの動詞の土台がないと、いくら単語や文法の知識を積み重ねても、全問×になってしまうからです。

それ以上に、この生徒さんの苦手意識を取り除いてあげたかったのです。3年間わからないと思っていた英語を、なんとか好きになってほしい。そんな思いを胸に指導していました。学校の授業がどんどん進む中、動詞の復習に1ヶ月を費やし、結果彼の苦手意識は一気になくなりました。今まで積み上げてきた文法すべてがつながりを持ち、英語の勉強が楽しくなってきたようです。2学期のテストでは進度に遅れを取り戻し、96点をとることができました。

これで終わりではありません。そこで自信をつけた彼は、毎日のように自習に来ました。『俺、単語やるわ』と言って、どの範囲をやるの?と聞いたら、それは1年生で習う基本の単語。『俺、1年の時英語わからんくてサボってたから、もういっかい単語やり直すねん』といい、単語を覚えなおしました。基本を徹底することが一番の点数アップだということに気づき、自ら課題を見つけ、取り組めるようになりました。長文もどんどん読めるようになり、当初合格判定でD判定が出ていた第一志望の高校に見事逆転合格することができたのです。

個別指導は自主学習アドバイザー

子どもたちにとって勉強は『義務』であるとされています。しかしながら、嫌々勉強を続けていても、なかなか成績は上がりません。当然のことながら、家での学習時間も自分から確保しようとはできないはずです。いつも高得点をとる生徒さんの共通点は、『学習時間』です。それも、学校や塾や家庭教師など誰かに教えられて勉強する時間よりも、自分ひとりでどれだけ勉強をしているかなのです。個別指導を運営する身である私ですが、やはりこれに勝るものはないと思います。

個別指導は自主学習アドバイザーです。私たちは、生徒さんがわからない問題を指導することはもちろん、やるべき勉強の内容を宿題として出し、どこまで理解できているかを小テストし、その日生徒さんが学習した内容を家での勉強に役立てられるよう、学習のポイント記入したカードをお渡しします。いわば、自主学習のアドバイザーでありたいと思っています。

※本文中の赴任教室名・部署名は原稿当時のものです。現在とは異なる場合があります。

ページの先頭へ