小学生・中学生・高校生対象の学力アップ・中学受験・高校受験・大学受験志望校合格を目指す個別指導の学習塾

受験勉強は早い時期にはじめよう

エリアマネージャー
八戸ノ里教室 学習プランナー

柿塚浩二先生

趣味:サッカー、フットサル
日課:3歳の息子とトッキュウジャーごっこ
やらないといけないと思っていること:ダイエット
(学生時代8コに割れていた腹筋の面影は全くない・・)

人との関わりによって将来の夢や目標ができる

 教室 学習プランナーという立場になってから、たくさんの生徒達に将来の夢や、目標は何かを聞いてきました。そしてそれを達成する為には何が必要かを一緒に考え、実行してもらっています。

 この原稿を書く少し前、社会人リーグのサッカーの試合をしました。猛暑の中、熱中症で倒れそうになりながらフラフラになるまで走りました。年々体力の衰えを感じますが、大好きなサッカーやフットサルは何歳になっても続けていたい。試合後、中学・高校生のときはこんな暑さの中、毎日部活動で走り回っても平気だったのにと、学生時代のことを思い出すきっかけとなりました。
 小学生のときは将来の夢や目標などなく、ただ毎日を遊んで楽しく過ごしました。そんな私も中学生のとき、なりたい職業を見つけました。体育教師です。
 当時の体育教師のK先生は何事も全力で指導してくれて、厳しい一面もありましたが、生徒目線の考えも併せ持ち、勉強や運動方法だけでなく、自分の人生経験など色んなことを面白く話してくれる、尊敬できる先生でした。何より生徒に混ざって一緒にプレーし、先生自身が授業を楽しんでいる姿を見て「体育教師って楽しそうだな、K先生のようになりたいな」と漠然とですが考えるようになりました。  そんなK先生が部活の顧問だったこともあり、体育の授業は真面目に張り切って受け、定期テスト前もきちんと勉強をしました。その結果、中学3年間の体育の成績はオール5でした。私のプチ自慢です。その他の教科は・・良くも悪くも普通でした。(笑)  しかし体育教師という夢は高校で潰えました。高校の体育教師は数名いたのですが、どの体育教師も楽しそうではないし、「怒ってばっかりのしんどい職業」という印象に変わってしまったからです。高校生活を過ごすうちに自然と体育教師になるという考えはなくなっていきました。
 将来の夢がなくなり勉強が好きではなかったので、高校卒業後は就職しようかとも考えましたが、父親から「自分は大学に行きたかったけど金銭的に断念した。だからおまえには後悔しないよう大学に行ってほしい」と言われ、「4年間あったらやりたいこと見つかるかな」と軽い気持ちで大学に行くことに決め、勉強を開始しました。部活動を引退した高3の7月頃です。
 学校の先生や友人に相談し、志望校を決め、模試も受けました。模試の結果はもちろん惨敗。基礎から不足していることを痛感しました。しかし高1内容から全てやり直す時間はなかったので、模試の結果から苦手単元や苦手範囲を重点的に勉強し、入試直前には過去問を解きまくりました。それが功を奏したのか、第一志望の大学の合格通知が届きました。
 私以上に両親が喜んでいるのを感じた時が一番嬉しかったです。
 受験して良かったと思う反面、受験勉強中はもっと早い時期から勉強を始めていたら良かった、高3になるまでに基礎を身につけていたらどれだけ良かったか等、勉強に対する後悔がありました。
 受験を経験したことで、①目標を持ってやる気になればなんとかなる、②勉強方法の重要性、③受験勉強は早い時期に始めるほど有利、ということを身を持って実感しました。
 フリーステップに通う生徒達には私と同じような後悔をして欲しくないので、早期に受験勉強を始める目的や、各生徒に合わせた勉強方法、目標を持つ大切さを伝えていきたいです。現時点で志望校や目標がない生徒は、教室 学習プランナーに相談してみてください。いろんな学校の情報や、自らの経験などからアドバイスがもらえるはずです。そして今後やりたいことや志望校、目標が見つかったときに「あのとき~していれば良かった」と後悔しないように今できる準備はしておきましょう。

 私の経験から言えることは、いろいろな世界やたくさんの人たちの関わりによって「新しい自分」をつくりあげていき、将来の夢や目標ができたり、変わることもあるということです。
 いろいろな世界やたくさんの人を生徒目線から具体的に言うと、家、学校、部活、アルバイト先、塾、保護者、友人、学校の先生、塾学習プランナー・講師等です。
 この仕事は生徒の人生に多少なりとも関わっているということを自覚し、各生徒に対し学習プランナーとしてできることは何かを日々考えながら、教室運営に携わっていきます。
 単に「勉強をしに来る場所」ではなく、「人が成長する現場」という教室作りをしていきたいです。
 今後も将来の夢や目標を達成できるよう、学習プランナー・講師が一体となってサポートしていきますので、一緒に頑張っていきましょう!

※本文中の赴任教室名・部署名は原稿当時のものです。現在とは異なる場合があります。

ページの先頭へ