小学生・中学生・高校生対象の学力アップ・中学受験・高校受験・大学受験志望校合格を目指す個別指導の学習塾

私たちの責任

小学生をお預かりするということの「意味」と「責任」

多くの小学生にとって塾通いは初めての経験です。現代の我が国において、賛否はともかく、小学校から大学受験に至るまで、大部分の子どもは塾で指導を受けるのではないでしょうか。これから始まる、塾との長いかかわり。その塾との最初の出会いは、良いものにしたいものです。
塾に通い、学校以外での授業を受け、そこで新たな知識を学び、それを日々身につけ育つ。そういう一連の流れを、自然にそして好ましいものとして身体に染み込ませていくことが大切です。勉強は嫌いなもの、楽しくないもの。そういう意識が、学校からであれ塾からであれ、幼いうちから心に根づいてしまうと、それから長く続く勉強の時期を、実り薄いものにしてしまいかねません。
フリーステップは、小学生を学びの場にお預かりするという責任を重く受け止めています。まずは、塾に通うことの楽しさ、新しい知識を身につけていく喜び、達成しほめられるうれしさを通じて新しい課題や宿題に取り組む意欲や真面目さなど、子どもにとって早いうちに正しく身に付けさせたい、「目に見えない学力」を自然に子どもたちに与えたい、と思っています。

勉強のおもしろさ、楽しさを ―

『算数を大好きになりたい』

小学生の時期に算数が好きになるか、そうではないかで将来の成績が左右されると考えています。ですから、フリーステップでは算数が好きになる授業を展開しております。 そのためには、小学生が苦手にしがちな単元、例えば分数・割合、そして各種文章題などを、重点的に時間をかけて指導することが必要です。小学生のこの時期に算数に苦手意識ができてしまうと、中学・高校まで引きずってしまいます。フリーステップでは算数の基礎からわかりやすく合理的な指導を行っています。

『“1”から頑張りたい』

わからないことや、苦手なことをそのままにしない。小学生の時期に苦手意識が芽生えるとなかなか勉強意欲がわいてきません。
基礎からコツコツという習慣を身につけなければなりません。「できた」→「好きになった」→「もっと勉強したい」と感じるまで指導いたします。

ページの先頭へ

学力の基礎も、先取り学習も ―

『中学校内容の先取り学習をしたい』

小学校では英語に親しむのが目標の「外国語活動」ですが、中学校では文法などのスキルを身につけるのが目標の「教科」に大きく変わります。そのためか、ある調査では中学1年の夏休み時点で約半数以上の生徒が「英語が苦手」と回答しています。英語は付け焼刃的な対策ができない教科です。小学校の間に、中学校に入ってから習う英語の学習に取り組むことをお勧めします。中学・高校そして将来に英語力を大きく伸ばすための指導を実践します。

『表現力を育て、学習の基礎となる力を身につけたい』

全科目に共通して言えることは「理解する」ことと「理解したことを表現する」ことの2点が必要だということです。多くの生徒が苦手としやすい「表現する力」を小学生の間から身につけていくことが重要です。そのためにフリーステップでは「作文添削講座」も実施しており、学習がスムーズに進むような力を育てます。