小学生・中学生・高校生対象の学力アップ・中学受験・高校受験・大学受験志望校合格を目指す個別指導の学習塾

合格おめでとう!

合格校
プール学院高校(特進コース)
出身校
大阪市立玉津中学校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 玉造教室

 私の将来の夢は、音楽に携わる仕事をすることです。この夢は幼稚園児の頃から変わりません。四歳からエレクトーンを習っており、今もピアノと併用して続けています。中学校に入ってからは吹奏楽部に入り、ホルンを担当しました。音楽を演奏しているときが一番の至福の時です。
 吹奏楽部の引退は文化祭がある十月半ばです。運動系のクラブの友達が夏の大会が終わると引退して、どんどん本格的に受験勉強に取り組んでいました。私はとても焦りました。クラブをしながらの勉強時間の確保はとても大変でした。そんな中でも開成グループ主催の進学フェアなどに参加し、自分の夢に近づけそうな高校のブースで積極的にパンフレットをいただき、色々お話を聞かせていただきました。
 吹奏楽やマーチングが全国レベルの高校、音楽科や音楽コースのある高校、音楽系のある大学に進学率の高い高校などたくさんの候補が見つかりました。志望校を決めるにあたり私は高校三年間、授業の中でしっかり音楽実技やソルフェージュを学びたいと思いました。そして音楽科や芸術コースがあり、今の自分の学力で頑張れば手の届く高校に焦点を絞り、プール学院高等学校の芸術系特進コースを選びました。社会、理科が苦手だった私にとって、国数英の三教科+実技試験は少し有利になりました。実技は三年間部活で頑張ってきたホルンで受けることにしました。
 受験校が決定してからも部活は続いていたので、とりあえず定期テストの全教科を頑張りながらも特に受験三教科の実力テストや五木の偏差値を上げることに専念しました。
 実技はプール学院高等学校が行っていた「芸術実技講習会」に四回すべて参加しました。本番と同じ雰囲気の中入試に向けてのアドバイスをしてくださいました。
 部活を引退してからは、塾で数学と英語に加え、国語も受講しました。国語はあまり得意ではありませんでしたが、塾で文法や古文を教えていただいてから、学校の授業も楽しくなっていきました。
 自宅での学習が不安な時期は、塾の自習室にも通いました。わからない問題をその場で教えていただけました。
 受験当日は大雨で、寒い中ホルンを持ちながら傘をさして行きました。高校の正門では塾でお世話になっている先生が応援にきてくださっていて、緊張感が少し和らぎました。筆記も実技も緊張していたので、出来にはあまり自信がありませんでした。合格発表はその日の夜ネットで配信されました。家族の見守る中、合格発表を見ると私の受験番号があり涙があふれてきました。
 私にとって「夢」は受験の「力」になりました。自分で選んだこの道を後悔しないよう、充実したものにします。

【保護者からのメッセージ】
 娘は幼少の頃から、歌ったり踊ったり楽器を演奏することが本当に大好きで「音楽の勉強ができる環境がある高校」というのが、当初から志望校の絶対条件でした。
 吹奏楽で全国一を目指す高校や、マーチングが盛んな高校もあるなか、将来まで音楽が続けられるよう音楽の授業がカリキュラムに組み込まれたプール学院高等学校の特進芸術コースを選びました。
 吹奏楽部を引退してからは、塾の受講科目を二教科から三教科に増やし、受験科目を強化していただきました。お陰で苦手意識も克服できたようで自信が持てたようです。受験の悩みを聞いてくださったり、アドバイスをいただいたことも、励みになったようです。
 これからも娘の夢の後押しをよろしくお願い致します。

ページの先頭へ