小学生・中学生・高校生対象の学力アップ・中学受験・高校受験・大学受験志望校合格を目指す個別指導の学習塾

合格おめでとう!

合格校
関西学院大学(人間福祉 社会福祉)
出身校
刀根山高校
出身教室
代ゼミサテライン予備校 石橋教室
個別指導学院フリーステップ 石橋教室

僕が受験勉強を始めたのは3年生になりたての4月でした。部活が6月末まであったので、本格的なスタートはそこからでした。それまでは部活が忙しかったので単語がメインの勉強で、塾は代ゼミではなく違う塾に通っていました。しかし、代ゼミの前に行っていた塾が合わなくて、このころはあまり成績が伸びませんでした。その通っていた塾は個別指導の毎授業担当の先生が替わる塾で、授業の内容が自習のようなものであり、わからないところを聞いても納得のいく返答が返ってこないので、成績が伸びるようには感じられませんでした。このままではダメだと思い新しい塾を探していた時に、友達がわかりやすくていいと教えてくれた代ゼミと出会いました。僕は何も考えず1つ目の塾を選んでしまったので、今思えばちゃんと授業を体験して選べばよかったなと思います。
6月に前の塾を辞めて、新しく入った代ゼミで英語と数学の体験授業を受け、授業の分かりやすさ、勉強方法、おもしろさに衝撃を受けました。担任のフェローもいて、いろいろな相談もできるし、自分にはこの塾が一番合っていると実感するとともに、自分に合った勉強方法や環境の中に常に身を置くのが大事だと思いました。基礎を吸収する間は塾に通いつめ、冬の過去問演習の時期は、過去問は塾で解いて夕方には家に帰り、復習と知識を増やすことに専念する、というサイクルを繰り返してきました。こう見ると、うまく受験勉強をすすめられているように見えるのですが、自分に合った勉強方法にたどり着くまでに何度も試行錯誤を繰り返し、いろいろな困難がありました。
 部活を引退して、勉強にたくさんの時間を割けるようになった夏。毎日必死で勉強して、やりがいも感じていたし、最初は一つ一つできることが増えていって自分の中では順調に進んでいるなと思っていました。しかし、迎えた8月中旬に行われた全統マーク模試では、6月に受けた模試の成績と全く変わっておらず、かなりショックを受けました。組んだ予定もうまくいかず、周りの友達がどんどん成績を上げている中だったので、余計に辛かったです。そんなときに助けられたのがフェローのアドバイスや、体験談でした。出遅れて焦っていた自分には、落ち着いて予定を立て直すいい機会になりましたし、かなり心強かったです。それからは、焦らず落ち着いて勉強できるようになり、フェローの方のアドバイスをもらいながら予定を無理なく立てることができて受験勉強が軌道に乗り始めました。あとは、自分で立てた予定に忠実に従い最後までやり遂げることができました。
 受験勉強を合格に結びつけるのは、計画通りに行動して何度も繰り返す根気強さだと思いました。単にがむしゃらにやるだけでは効果がないですし、自分の性格を理解して自分と向き合うことも大切だと思いました。具体的な行動としては、大学別の対策ノートを作り、点数とよく間違える問題形式の対処方法を見つけてメモしたり、苦手な箇所をノートにまとめたことが効果的だったと思います。これらの考え方や勉強法が、僕がたどり着いた自分だけの答えです。合格を勝ち取るためには「一人一人自分に合った勉強方法を見つけてそれに従うこと」が最も大事だと、僕は思います。

ページの先頭へ

関西学院大学の合格体験記

  • 関西学院大学(文 文学言語-フランス文学フラン)合格
  • 関西学院大学(理工 生命医化学)合格
  • 関西学院大学(社会 社会)合格
  • 関西学院大学(総合政策)合格
  • 関西学院大学(文 文化歴史-地理学地域文化学)合格
  • 関西学院大学(文 文学言語-日本文学日本語学)合格
  • 関西学院大学(社会 社会)合格