高・中・小(全学年)対象の学力アップ・中学受験・高校受験・大学受験志望校合格を目指す個別指導の学習塾

合格おめでとう!

合格校
大阪府立三国丘高等学校(文理学科)
出身校
富田林市立金剛中学校
出身教室
開成教育セミナー 狭山教室
個別指導学院フリーステップ 狭山教室

 私は、受験をするときに大切なことを三つ学びました。
 一つ目は、苦手なことから逃げずに、克服できるように挑戦することです。私は、中学三年生の始めごろに自分は英語のリスニングと作文が苦手だということに気付くことができました。なぜなら、通っていた開成教育セミナーの先生が私のテストの結果を見て、私が苦手としているところを指摘してくださったからです。それから、私はリスニングと英作文の勉強に力を入れ、本番で良い結果を残すことができました。だから、私は他の人から自分の苦手分野について指摘を受け、それを克服することで合格に近づくことができると思います。
 二つ目は、自分が目標にしたことを成し遂げるために、諦めずに努力するということです。私は、中学二年生のときに三国丘高校に合格することを目標に勉強すると決めました。それから、難しい問題に直面した時や、テストの結果が良くなかった時に、諦めずに目標へ向かって努力するようにしたので、合格することができました。だから、これから受験するみなさんも諦めずに勉強を続けると、合格をつかみ取ることができると思います。
 三つ目は、継続して勉強をすることです。私は最初、入試に合格するためにとても重要と言われた社会があまり得意ではありませんでした。そこで、毎日十五分だけ塾からもらった冊子を二学期から復習し始めました。すると、徐々に社会の点数が取れるようになり、目標点へ近づくことができました。この経験から、私は継続して勉強することの大切さに気付きました。
 そして、私は自分が合格できたのは周りの人達の支えがあったからだと思っています。今まで応援してくれた先生方や友達、そして家族には本当に感謝しています。この経験を大切にして、これからも頑張りたいと思います。

【保護者のメッセージ】
 志望校は、中学二年生の時から決めていました。その志望校に無事合格でき、家族みんなで喜んでいます。
 合格までの道のりは、思春期も重なり大変な時期もありましたが、塾の先生方の丁寧なサポートのおかげで、目標達成できたのだと思います。
 入試前日、特に印象に残っていることは、塾の先生方からいただいたメッセージカードや合格祈願グッズを大切にカバンにいれていたことです。その様子から、塾の先生方には勉強だけでなく精神的にも支えになっていただいてたことを感じ、とても感謝の気持ちでいっぱいになりました。
 この春からも、心機一転がんばってほしいです。

ページの先頭へ