高・中・小(全学年)対象の学力アップ・中学受験・高校受験・大学受験志望校合格を目指す個別指導の学習塾

合格おめでとう!

合格校
東京大学(文科三類)
出身校
灘高校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 摂津本山教室

私が受験期に最も気をつけたことは自分の実力に謙虚に向きあうことです。自分の実力を過大、もしくは過小評価してしまい、無駄とも言える勉強をしてしまっていた同級生を何人も見かけました。あくまで私個人の意見ではありますが、勉強時間は長いのに実力が伸びないという方のほとんどが前述の状態ではないかと思います。私自身も実際英語の基礎力に自信がなく、高3の秋になってまで初歩的な文法・単語の確認に結構な時間を費やしました。志望校のレベルが高くても、客観的に見て自分の基礎力が足りないと考えられるなら時に中学生範囲に戻ることも必要だと思います。しかし実力を正しく自分で知ることは難しいでしょう。そこで講師を活用すればよいと思います。自分の実力を把握してくれている講師がいれば良いですが、そうもいかないでしょう。模試の成績や自習の進捗を具体的に伝え、それをふまえて相談すると良いのではないでしょうか。自分の実力を正しく知り、それを基に勉強すれば、伸びに個人差はあろうとも成績は必ず上がります。基礎を重視しすぎたら演習に手がまわらないと思うかもしれません。しかし、基礎知識は私が受験した最難関校でも問題を解く際に必要になりましたし、自分の実力相応の勉強をこなせば、想定より早く伸びると考えています。一年間は短いようで結構長いものでした。無駄になりかねない勉強十時間よりも着実な勉強三時間の方が圧倒的に良いということをふまえて勉強を進めて頂きたいと思います。最後になりますが、予備校の設備は使い倒しましょう。教材や自習室は自分が納得できるものを探しても良いと思うし、学習相談の相手も信頼できる人を探すべきです。設備をうまく活用し、この体験記をご覧になった皆様が合格されることを祈るとともに、この体験記が皆様の勉強の一助となれば嬉しいです。

ページの先頭へ