高・中・小(全学年)対象の学力アップ・中学受験・高校受験・大学受験志望校合格を目指す個別指導の学習塾

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

合格校
関西大学第一中学校
出身校
箕面市立豊川南小学校
出身教室
開成ベガ 小野原教室

 ぼくは、六年から中学受験を始めたので、最初は算数の解き方や、国語の語句などの基本的なことが全くできませんでした。国語は好きだったので、大丈夫だったのですが、算数がわからないまま夏に入りました。夏に入り夏までにやっていた基礎問題の解き直しを始めました。夏期講習の算数の時に先生が算数の基本問題を類題と共に教えてくれました。そして夏が終わりました。夏の終わりにあった組分けテストでそこまで悪くなく、調子に乗り勉強をやめました。その次にあった駸々堂で、第一?第三志望ほぼすべてE判定という記録を残しました。まだ一回しかとってないと思い、あまりあせらずに勉強していました。次ともう一つ次も同じ判定をとりさすがにもっと勉強しないと落ちてしまうと思い、そこからは自習室にも行き勉強時間を増やし、一度やめていた解き直しと基本問題をひたすらやりました。そして最後の駸々堂でやっとA判定をとり、安心して勉強ができるようになりました。でも算数の基本問題は解けるようになりましたが、応用問題が解けませんでした。ここで最後に弱点克服ゼミでわからなかった問題の解き方が大部分わかりました。そして算数の成績が少し上がりました。そして、受験前日に成りました。みんな緊張していました。でもぼくは、受験数日前からほとんど勉強をしておらず、明日が受験日だという現実味がなく全く緊張しませんでした。受験当日になりましたが昨日と同じで緊張していませんでした。受験会場に着いた時、ものすごくたくさん人がいて、さすがに緊張してきました。ゆっくりと試験教室に向かって歩きました。試験教室に着く前に友達が待っていてくれて、そのおかげで緊張がほぐれました。緊張がほぐれたおかげで気楽に問題を解くことができたのでとても良かったです。ぼくは、この経験をもとにぼくは、解き直しをすることが大切だと思いました。ぼくは中学受験ができてとても良かったです。

【保護者からのメッセージ】
 ベガに入ったのは5年生の3月からでした。始めは授業についてゆけず苦労しましたが、徹底して基本問題を繰り返しました。その後も10月まで伸び悩みましたが、徐々に点数が取れるようになり、「解き方がわかったよ。楽しかった。」と言うまでになりました。
 “できなかった問題をおろそかにしない”ことが大切だと思います。

ページの先頭へ

関西大学第一中学校の合格体験記

  • 関西大学第一中学校合格
  • 関西大学第一中学校合格
  • 関西大学第一中学校合格
  • 関西大学第一中学校合格
  • 関西大学第一中学校合格
  • 関西大学第一中学校合格
  • 関西大学第一中学校合格