高・中・小(全学年)対象の学力アップ・中学受験・高校受験・大学受験志望校合格を目指す個別指導の学習塾

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

合格校
滝川中学校(ミライ探究一貫コース)
出身校
神戸市立狩場台小学校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 西神中央教室

 僕は中学受験をして、良かった所は、自分の可能性に気づけたことです。通常、中学受験は3年かけてするものですが、僕はバドミントンもしていたため、1年しかしていません。しかも、その1年にいたっても入試の1週間前まで、バドミントンと並行しながら勉強していました。もちろん、受験勉強を1年しかしていないのもあって、必要な時間以外は、家でもなかなか集中できないので、フリーステップで自習をしていました。
 その自習というのは、家から持ってきたものをやっていたり、授業で出された宿題をやっていたりしました。時々、難しい問題に当たった時、先生に聞けたのは良かったです。
 勉強していた教科で1番苦手だったのは国語で、始めは、教材を全然解けませんでした。でも、夏期講習、冬期講習、通常授業などでたくさんの先生が教えてくれたおかげで入試の時には万全の体せいでむかえることができました。理科は1番得意な科目なので、比かく的出来ました。算数はそこそこ出来たのでどんどん進んでいきました。冬期講習前はそのような感じでいっていましたが、第1志望の過去問も、第2志望のもなかなか解けませんでした。そして冬期講習は、授業は6、7限、フリーステップに12時間以上中にいました。そこでずっと過去問をしていました。このように過去問の答えを覚えるくらいしていると答えを覚えていないやつを解けるようになりました。結果は第1志望はだめでしたが、第2志望は受かることができました。第1志望はだめだったけど、第2志望は受かってよかったです。

【保護者からのメッセージ】
 誠大がバドミントンをやりたいと言う気持ちを1番に、勉強時間を相談出来るこの塾を選んだのが4年生の時でした。
 本格的に受験勉強を始めたのは、6年生、からです。1年間で受験をするための算数、国語を勉強するのは、誠大にとって大変だったと思います。
 今、やるべき勉強は何なのか?誠大のメンタルは、どうなのか?塩見チーフ、黒川チーフと密に連絡を取り、塾、家族全員でがんばった、勝ち取った受験になったと思います。
 誠大自身、1月になってから、勉強に対する姿勢、精神面が強くなったと感じることが出来ました。
 中学受験、1週間前にバドミントン近畿オープン大会に出場、中学校に合格することができ、本当に充実した小学校生活を送ることが出来たと思います。ありがとうございました。

ページの先頭へ