高・中・小(全学年)対象の学力アップ・中学受験・高校受験・大学受験志望校合格を目指す個別指導の学習塾

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

合格校
大阪国際中学校(中高6年一貫・Ⅰ類)
出身校
枚方市立樟葉小学校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 香里園駅前教室

◆入塾のきっかけは
五年生の12月ごろ、前に通っていたNという中学受験の大手進学塾を辞めました。集団授業なのでついていけてなくても、授業中に質問することもできなかったし、自分の都合で塾の時間割を変更してもらうことなんてできなかったし、科目も曜日や時間が決まってしまっていて、授業にだんだんついていけなくなっていました。
そんな時に従妹から、個別の塾に通うのはどうかと言われました。それでいろいろと個別の体験入塾とか受けました。家が樟葉なのですが、香里園前のフリーステップに通っていた従妹たちからの勧めもあって香里園のフリーステップの体験を受けることにしました。
体験授業は算数で内藤先生でした。すごくわかりやすかった。集団塾とは全然違った。自分の理解に合わせて無理がなく易しく教えてくれました。フリーステップは個別ということで時間割も自由に決めてもらえました。
僕は、知識系以外の国語の読解は得意でしたが、算数や理科は苦手でした。Nに通っていた時の成績はバラバラ。たまに良い時もあったけど算数と漢字とかの暗記が苦手で、算数の覚えるものや、文章題系が特に苦手。割引の計算や比とか、その辺の分野は集団塾では全然ついていけなかったです。でもフリーステップでは、わからないところをつぶしてもらって、成績はNに通っていた時より1.5倍くらい上がりました。偏差値もフリーステップに入って二回目のテストぐらいで偏差値が15くらい上がって、それからはずっと上がり気味になってきました。
 
◆お世話になった先生
算数の内藤先生。すごく優しく教えてくれて、つまずいたら教え方にも僕に合わせて工夫してくれました。何回もつまずくところは、小テストを作ってくれたり、難しい問題でつまずいたときは、どこで間違えたかを一緒に探してもらって「この問題ならこの式を使って解くんだよ」とか、「ここの角度を使って計算する」とかわかりやすく教えていただきました。
国語は、最初は後藤先生でした。僕は漢字が苦手。そして知識系の問題が苦手でした。授業の最初に先生から小テストを作ってもらって、まずことわざ系は得意になりました。例えば 穴うめ問題で「(  )に入らずんば虎子を得ず」とかのカッコに何が入るかとかのテストです。読解もどんどんレベルを上げてくれました。次に、三原先生に国語を習いました。知識問題は「サーパス」を使って、読解問題は、途中から過去問をどんどん解いていきました。後藤先生に基礎を作ってもらって、三原先生に仕上げてもらったって感じです。
本田先生には理科を教えてもらいました。まず基礎となる小学校の問題から始めました。普通の小学校で習うような内容をきっちりやって、そのあとで「エフォート」で中学受験用の問題をやってもらいました。二学期からは過去問対策も始めました。本田先生は、すごく面白く教えてくれます。雑談にも付き合ってもらってすごく楽しかった。理科は、最初の頃は、データを読み取ることや生物分野が苦手でした。そのうち、極端に苦手という単元がなくなって、そのあとはどんどん成績は上がりっぱなしでした。

◆志望校を決めた理由
いろんな学校の説明会や体験授業に行きました。大阪国際中は最初は知らなかったです。従妹が通っていたので、学校のことをいろいろ聞けました。来春から校舎もきれいになるし、僕が入りたい剣道部もあると教えてくれました。学校の体験授業を受けて、説明会の先生もすごく面白くて、ここなら楽しく学校に通えそうだと思って第一志望にしました。

◆試験当日の印象と合格発表
試験当日、緊張はしていなかったです。
受かるという自信はあったのですが、その自信と自分の学力だけで本当に受かるかなとか思っていました。試験は自分が思っていたよりもよくできました。発表前は、ご飯もまともに食べられないくらいげっそりしてきて、発表をネットで見たとき、自分の番号があってちょっと泣いちゃいました。香里園の従妹の家で合格発表を見ました。おばあちゃんや従妹の2人とおじさん、そして両親のみんなで見ました。合格を知って声も出さずに母親に「ぎゅっと」してしまいました。みんな喜んでくれました。
合格成績は、全額免除の成績でした。目標は合格者のトップ10に入ることで、それになれたので良い結果が出せました。松本チーフから、大阪の高校は私学は無償だし、中学校も全額免除の成績を取れたのだから、良い親孝行ができたねと言われました。

◆フリーステップで中学受験を目指す人に
フリーステップに入ったら、最初の方の授業で、恥ずかしくないから、自分の苦手なところと得意なところを先生に伝えて、その中でも一番先につぶして欲しいところを言うのが良いと思います。自分が苦手だと思っている所を先につぶしてから、受験用の教科書を前から 順にやっていくとよいです。
 勉強は、「一日に何時間」という風に自分を縛るんではなくて、「今日はここまで」という風にやる範囲を決めて勉強するのが効率的だと思います。そうしたら、自分はここまでできていて、ここからはまだだ、というのが良く分かります。
集団塾が合わないで悩んでいる人は、無理してついていこうと思ったら間違いです。自分的にはそれは良くないと思います。集団塾で先生が教えているところに、ただついていくという「先生任せ」ではなく、自分のわからないところ、自分の教えてもらいたいところ、自分のやるべきところを自分で見つけて、何を教えてもらうのを決めるのが良いと思います。
多分、自分が何に悩んでいるかとか、気がつかない落とし穴とかをフリーステップの先生は気が付いてくれると思います。常に勉強に対して楽しめるような工夫や勉強法をしてください。

ページの先頭へ

大阪国際中学校の合格体験記

  • 大阪国際中学校(中高6年一貫・Ⅰ類)合格
  • 大阪国際中学校(中高6年一貫・Ⅰ類)合格
  • 大阪国際中学校(中高6年一貫・Ⅰ類)合格