高・中・小(全学年)対象の学力アップ・中学受験・高校受験・大学受験志望校合格を目指す個別指導の学習塾

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

合格校
大阪国際中学校(中高6年一貫・Ⅰ類)
出身校
枚方市立東香里小学校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 香里園駅前教室

◆中学受験を始めた時期
私は、私立中学を受験しようと決めたのは遅くて、小6の5月で、フリーステップに入ったのは6月になってからでした。中学受験をするつもりの友達たちは4年からどこかの塾に入っていたし、プレテストとかの大変さとかも聞かされていました。受験勉強を始めたのは私が一番遅かったです。友達はずっと早くから受験勉強を始めていたし、その子たちは賢かったから自分は受験とかいけるのかなと思っていました。
コロナで中学校のオープンキャンパスとかは行けなかったです。どこも見学に行けなくて。大阪国際の新校舎見学会には参加できました。今年から校舎がきれいになるし、すごく仲の良い友達も大阪国際を目指していたので、私も目指すことにしました。
勉強を始めたころは、大変でした。わからないことがいっぱいで。五木の模試とか全然良い成績をとれなかったから、こんなんで受かるかどうか心配でした。勉強を始めた最初の頃は、成績は悪かったのにそんなに頑張っていなかったです。でも、途中からこのままではやばいと思い始めて、親にもせかされて頑張りました。
成績はすごく上がってきました。勉強を始めて、国語で一度すごく良い成績が取れました。国語だけ成績が上がっただけなのに自信がついて、これなら行けるんじゃないかと思い始めました。
でも、算数はもともと苦手で小学校のテストの点数は良かったけど、習ったことをすぐに忘れてしまって、学校の先生からはきっと「算数ができない子」と思われていたと思います。算数は、図形問題が苦手。角度を見つける問題とか、旅人算とか全然わからなかったです。お母さんにも家で勉強に付き合ってもらっていました。
苦手だった分野の問題に慣れてきたのは、入試直前です。そのころには図形問題とか旅人算とかも得意になっていました。
理科は、小学校ではできた方だったけど、中学入試の問題は難しくて、「てこ」「水溶液」とかが特に苦手。水溶液は覚え方を自分で表を作って覚えました。でも、「てこ」は最後までむずかしかったです。
◆フリーステップの先生たち
先生たちは、私の好きなこととか聞いてくれていろいろと話しかけてくれました。私は自分からはなかなかお話ができなくて、心の中では先生たちといっぱい話しているけど、最初の頃はなかなか言葉にできなかったです。受験までには先生たちといろいろとお話ができるようになりたいと思っていました。今ではお話ができるようになりました。フリーステップはどの先生も良かったです。
算数の川中先生。最初こそ、わからないところをなかなか聞けなかったけど、夏期講習ぐらいから先生とも色々と話ができるようになりました。個別授業の席の隣の子が、先生とも良く話す子だったので、それで私も話せるようになりました。自分の「推し」の話とか聞いてもらえました。川中先生は、お母さんからも評判が良くて、お母さんが報告もいつもきっちり書いてくれる良い先生と言っていました。
算数の小倉先生。わかりやすくて、いろいろと表とか図を使って教えてくれました。わからない時や迷っていた時には、よく助けてくださいました。
理科の鈴木先生。面白い先生です。紙に重要なところをまとめてくれました。たまに問題を解いた説明をさせられたりして、自分で理解したことを言わされました。私は、考えていることを口に出すことや説明するのが苦手なので、いつも時間かかったけど、先生に待っていてもらって理解したことを説明しました。
国語の井上先生。入試の直前に、「かっこに何が当てはまるか」というような問題で、「他の言葉に置き換えてもおかしくないか」というような言い換え問題の解き方を教えてもらいました。入試本番でもそんな問題が出て自信をもって解答しました。

◆しんどかったこと
冬休みは朝から晩まで家で勉強させられたのがしんどかったです。勉強に集中していないときは、怒られました。わからないところを何度もやってもわからない。そのうち集中力が切れてきて、それでまた怒られて。
冬期講習とか、夏期講習とか、ほとんど毎日塾に通いました。塾での勉強のほうが楽でした。10分間の休憩の時とか塾の友達が話かけてきてくれて、それが楽しかったです。

◆合格発表のとき
試験の出来は思ったよりも良くなくて、「受かったらラッキーという気持ちでいこう」ってお母さんが言っていました。合格発表は、ネットで合格番号がずらりと並んでいる中から自分の番号を探す方式でした。
私は受かっていました。お母さんは、信じられなくて「えって」感じで。私はびっくりし過ぎて涙も出なかったです。泣いたのはお母さんでした。10分くらいうれし涙で泣いていました。お父さんは、結構冷静で「受かると思っていたで」と笑っていました。
大阪国際中に入ったら、美術部に入ってイラストとか描きたいと思っています。

ページの先頭へ

大阪国際中学校の合格体験記

  • 大阪国際中学校(中高6年一貫・Ⅰ類)合格
  • 大阪国際中学校(中高6年一貫・Ⅰ類)合格
  • 大阪国際中学校(中高6年一貫・Ⅰ類)合格