高・中・小(全学年)対象の学力アップ・中学受験・高校受験・大学受験志望校合格を目指す個別指導の学習塾

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

合格校
大阪府立生野高等学校(文理学科)
出身校
松原市立松原第七中学校
出身教室
開成教育セミナー 松原駅前教室
個別指導学院フリーステップ 藤井寺教室

 私が生野高校に合格できたのは、ある3つのことが出来たからだと思っています。
 一つ目は「勇気を出すこと」です。私は周りと競い合うような環境にいる事が苦手だったので、フリーステップを中心に通っていました。ですが、中学三年生に上がる時に先生からの助言もあり、「集団指導のシリウスに通ってみよう」と決めました。自分から苦手な環境に向かう選択をするには勇気が必要でしたが、このままだと自分にとって良くないと思い、踏み出すことが出来ました。そして、少しずつですが集団指導への苦手意識が薄れていったので良かったなと思います。
 二つ目は「諦めないこと」です。例えば数学の問題で、分かる問題は解き切る。分からない問題には優先度をつけて解き、一問でも多く、一点でも多くとれるようにしていました。もちろん問題単体でなく、「勉強」自体を諦めないことも大切です。勉強ですぐに目に見えて成果が出るという事は、あまり多くはないと思います。なので「やってもできないから。」「頑張っているのに上手くいかないから。」とすぐ投げ出さないで欲しいです。
 三つ目は「割り切ること」です。投げ出さないで欲しいですが、どうやっても上手くいかないことは私も分かります。こういったときにして欲しいのが最終兵器の「割り切る」です。解き方から一切分からないとき、解き始め方が分からないとき「これはまだ無理だ」と、分かるようになるまで、解説を読んで、文章を読み直したり計算をし直していました。またこれは本番でも大切で、分からない問題を「分からない」と割り切って次の問題に進むのも1つの手です。
 受験では難しい問題を「解く」「飛ばす」どちらも勇気が必要です。フリーステップではこの3つをするためのサポートをしてくれます。シリウスでは解くか飛ばすか選ぶ力がつきました。
 これから勉強に励むんだ、という人にはこのうち1つだけでも頭の片隅に置いて欲しいと思います。

【保護者からのメッセージ】
 小学二年より通塾させて頂いています。いつもありがとうございます。生野高校に合格させて頂けありがとうございました。
 私の家では一つだけ決まり事があります。始めたい事、止めたい事等ある時は、自分の口で親に経緯を説明する事です。親側も子供自身から直接話を聞け、意見を言いあうので思いや考えもわかります。子供も他人に考えを伝える為、話を組立て説明できる様に考えます。中学生になり受験の時期になると、どう学習していくか、志望校をどうするか、自分で考えて相談してくるので希望にそえる様こちらも努力しなければなりませんが、それも親からすればうれしい限りです。相談されれば子供の自主性を尊重できる様、感情的にならず、客観的に意見できる様、心がけました。今回希望にそえる結果になりましたが少しずつ進んでいって欲しいと思います。いろいろありましたが、先生方に支えて頂き無事結果を出せ、誠にありがとうございました。

ページの先頭へ

大阪府立生野高等学校の合格体験記

  • 大阪府立生野高等学校(文理学科)合格
  • 大阪府立生野高等学校(文理学科)合格
  • 大阪府立生野高等学校(文理学科)合格
  • 大阪府立生野高等学校(文理学科)合格
  • 大阪府立生野高等学校(文理学科)合格
  • 大阪府立生野高等学校(文理学科)合格
  • 大阪府立生野高等学校(文理学科)合格
  • 大阪府立生野高等学校(文理学科)合格
  • 大阪府立生野高等学校(文理学科)合格
  • 大阪府立生野高等学校(文理学科)合格
  • 大阪府立生野高等学校(文理学科)合格
  • 大阪府立生野高等学校(文理学科)合格
  • 大阪府立生野高等学校(文理学科)合格
  • 大阪府立生野高等学校(文理学科)合格
  • 大阪府立生野高等学校(文理学科)合格
  • 大阪府立生野高等学校(文理学科)合格
  • 大阪府立生野高等学校(文理学科)合格