高・中・小(全学年)対象の学力アップ・中学受験・高校受験・大学受験志望校合格を目指す個別指導の学習塾

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

合格校
大阪府立豊中高等学校(文理学科)
出身校
豊中市立第十三中学校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 豊中駅前教室

 私は勉強が好きでも、嫌いでもありません。そして私は、自分は何が出来て、何が出来ないのか説明しろと言われても出来ません。そして、この1年で私はここに書くほどの何かをしてきたのかと言われれば何もしていません。正直、私がこの1年でしてきたことは、塾の先生に言われたことをする、親の言うことを聞く、時間を記録するなどの、大体の人がしていることです。このことを詳しく言っても、もう聞きなれたことだと思います。なので、ここには自分の気持ちの変化や、過ごし方を書きたいと思います。
 まず私は、志望校を適当な理由で選びました。それは、高校生になって自由が多い生活を送りたいと言うものです。そこまで「この学校に行きたい!」「この学校でこんな事をしたい!」などの気持ちはありませんでした。なので、モチベーション的なものはほぼありませんでした。そしてこの状態のまま冬休みの前まで、受験対策などをせず、今までと同じ生活を送りました。この時、私は何も感じていませんでしたが、親や、先生は不安だったと思います。
 そして冬休みに入り、周りがガッチリとした受験モードになりました。そこで私も気持ちを入れ替えていきました。1日の勉強時間を記録したり、勉強場所を変えたり、歩いたりと、生活を少し変化させました。それが、私にとってストレスなく過ごすことができた理由です。そして、私立受験が終わり私は気を抜き、勉強をあまりしなくなりました。すると、親から勉強は?と聞かれるようになりました。しかし、私はなんとなく、もう勉強しなくても大丈夫だろうと思っていました。なので、私立が終わってからは勉強をしていません。これはサボっただけではなく、これまで自分はやってきたから大丈夫という気持ちがあったからです。
 私はこの受験期で1番に考えていたのは自分の気持ちです。自分のことは、自分が1番わかってると思います。正直、受験が終わり、親と話していると、周りが知っている自分は本当の自分の3割程度なんだなと感じました。なので、周りに耳を傾けるよりも、自分の直感を信じることが一番大切だと思いました。

【保護者からのメッセージ】
 娘は中3になるまで塾や模試も受けておらず、学校の授業のみでした。学校での成績は良かったものの、入試という物への対策は全くしていませんでした。又、学校の懇談でも偏差値なども無く、実際の入試当日のポテンシャルが全くわかりませんでした。
 娘は積み上げの勉強を学校の授業を通して、コツコツとしてきたかと思います。そこに塾での応用、テクニック等を娘と歳の近い先生に楽しく、パワフルに教わる事、そして娘に合うサポート方法を考え実行し、私へ提案して下さった塾長様のおかげで、娘は更なる高みへチャレンジ出来ました。中3からでも塾に通ったことで、私立、公立共、志望校を納得行く形で自分で決め、本人が自信をもって受験本番を迎えることができたと感じています。
 本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

ページの先頭へ