高校生対象の学力アップ・大学受験第一志望現役合格を目指す少人数制の学習塾

合格おめでとう!

合格校
滋賀県立大学(工)
出身校
草津東高校
出身教室
開成ハイスクール 草津駅前教室
代ゼミサテライン予備校 草津教室

塾に行こうと思った理由は、高校二年生の頃から開成ハイスクールに通っていたからです。二年生の秋頃に大学受験を意識し始めハイスクールの先生に代ゼミに入ることを勧められたことがきっかけです。

この塾の良いと思うところは面談の頻度が高いところだと思います。個別とグループの二種類の面談に分けられていて、個別の面談では担当のフェローの先生とどのように各科目ごとの受験勉強を進めていくかを話し合ったり、模試の結果を受けてどの科目に力を入れて勉強していくかを話し合うことで目的を持って受験勉強をすることができ、結果として高い意識を持って勉強することができました。グループの面談では複数の人と同時に面談するため周りの人がどのくらい受験勉強が進んでいるかを知ることができ、さらに受験勉強に対する意識を高めることができたと思います。

僕が一番努力したことはできるだけ塾で長時間自習をし、塾に毎日行くことを習慣付けすることです。もともとは長時間集中して勉強することが苦手で塾の自習もまったく行っていませんでしたが、平日は映像授業を毎日取り、土日は授業を一限目から取ることによって塾に行く習慣を付けました。また自習室での勉強の際は長時間勉強することは心がけ、疲れた時はすぐに休憩するのでなく、シス単などを読んで疲れを取っていました。このことを心がけることで自習室で効率の良い勉強をすることができ、得点の向上に繋がりました。

僕がやってみてよかったと思える勉強法は、化学の映像授業で習っていた亀田和久先生が紹介していた勉強法の一つである「文字で書かれた物質に色えんぴつで色を塗る」ということを教科書で実践するということです。教科書はその他の参考書と比べイラストが多く、また色が付いているため、各分野を深く理解することができると思います。それに加え、無機や有機分野を中心に文字で書かれた物質名に色を塗ることでとても効率よく覚えることができるようになり、点数も大幅に上がりました。

塾に通う中で印象に残っている出来事は大学の合格が決まり、報告をするために塾に行ったことです。チーフやフェローの先生には日頃からたくさん勉強に関するアドバイスをもらい、センター試験の当日の朝には応援をするために駆けつけてくれたりと、この一年とても自分の心の支えとなりました。そして志望校に無事合格することができ、いままで見守っていただいた先生方の期待に添えた結果を残すことができたことはとても嬉しかったです。

今までがんばってこれたのは、周りの支えがあったからです。親には受験期だけでなくこれまでも本当に長い間たくさんサポートしてきてもらいました。一か月後には高校を卒業し大学生になる今、今度は自分が頑張ることでこれまでサポートしてきてもらった恩返しできるように努力したいです。
 塾の先生方には面談や模試の結果が返ってくる度に、学習方法や志望校について一緒に考えてもらい、ここまで成長することができたと思います。先生方が手助けがあったからこそ最後までやり切ることができ、この大学受験を乗り越えることができたと思います。本当にありがとうございました。

【保護者のメッセージ】
 初めての大学受験だったので戸惑うことも多く、不安でしたが、塾の先生方に親身に相談に乗っていただき、無事志望校に合格することができました。息子が一生懸命勉強しているのをずっと見てきたので、本当に嬉しく思います。大学では自分の学びたいことを学んで、充実した大学生活を送ってほしいです。本当にお疲れ様でした。

ページの先頭へ

滋賀県立大学の合格体験記

  • 滋賀県立大学(工)合格
  • 滋賀県立大学(人間文化)合格
  • 滋賀県立大学(環境科学)合格
  • 滋賀県立大学(工)合格