高校生対象の学力アップ・大学受験第一志望現役合格を目指す少人数制の学習塾

合格おめでとう!

合格校
同志社女子中学校(WR(ワイルド・ローヴァー)コース)
出身校
ノートルダム学院小学校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 山科教室

 私は四年生の時からとあるA塾に通っていました。A塾では集団授業を行っており、その授業についていくのが精一杯でした。そして五年生の夏期講習の時、A塾では個別教室を使ったWスクールが流行っていました。そんな流行に乗って入ったフリーステップでしたが、入塾してすぐに始まった夏期講習での算数の授業で算数の成績は少しずつではありますが上がっていきました。集団授業での授業で出された宿題をフリーステップでやる。この繰返しによって自分はどこを分かっていないかが分かり、成績アップにつながっていきました。
 また、合格にむけて一番大切な事は自分はなぜその学校に行きたいのか、その学校はどんな問題を出すのか、ということを過去問をといたり説明会に行ったりして自分なりに分析することだと思います。私の志望校である同志社女子中学校は、校舎がきれいで個性を尊重するのびのびとした学校でした。しかし私の志望するWRコースは25人しか入れない難関でした。そこで私は早いうちから過去問に取り組み自分なりの作戦を考えていました。
 まず国語は問題文が長く説明も多いことから、見直しをしながら問題を解くことにしました。また、算数は一問の点数が高く、問題数が少ないので一問を何度も解く、ということを努力しました。理科は時事問題や知識問題が多いため、ニュースなどを見て「社会を知る」ことを気をつけました。
 このように、学校合格するパンフレットのような過去問を解く、だけではもったいないので私は学校の特徴を知りました。また、自分はこの学校でこれから6年間過ごす、という強い思いは自分のモチベーションにもなるため大切だと思います。
 私が合格できたのは先生たちの協力があったからです。本当にありがとうございました。

ページの先頭へ