高校生対象の学力アップ・大学受験第一志望現役合格を目指す少人数制の学習塾

合格おめでとう!

合格校
大阪府立千里青雲高等学校(総合学科)
出身校
豊中市立第十二中学校
出身教室
開成教育セミナー 緑地駅前教室

 私が受験までに経験してきたこととして、中学一年生・二年生は、部活で忙しく受験に備えての勉強は全くしていなかったです。勉強していたのは、定期テストを頑張っていたぐらいで、一年と二年は勉強をさぼっていました。三年生になって、学校や塾の先生の話、受験を経験した先輩方の目標に向かって取り組むための話などを聞いて、やっとやる気が出てきました。
 部活を引退し、受験に向けて集中しなければならない時が来た頃から塾の自習室に毎日のように通いました。それにより、自分が受験生なのだという自覚と、良い結果を出したいという欲望が強くなりました。そして、自分がどれだけ成長したのか確かめるために公開テストを受けました。結果は、成長なんて全く見られませんでした。あれだけ勉強したのに偏差値が全く上がっていなかったのがすごく悔しかったです。自分の考え方が甘かったのと、勉強が足りなかったんだと痛感しました。
 それから自分の甘い考え方を捨て、勉強の仕方を変えました。数学は、C問題レベルのは放っておいて自分が出来そうな問題をできるまで解き直しました。英語は長文が苦手だったので、長文の問題を解きまくりました。国語は文法は理解し、覚えました。社会と理科に関しては、ほぼ暗記しかしませんでした。頭にしみつくまで、何度も何度も繰り返し暗記しました。そうしたら、少しずつ結果が出てきて、五木では回を重ねるごとに自分の偏差値が上がっているのが嬉しくてたまらなかったです。
 自分の成果が数字として出てくるのは、怖いし、受け止めきれない時があるかもしれませんが、良い点数だったらそのまま自分を認めてあげれば良いし、逆に悪い点数だった場合でも、悔しい思いをバネにして、次のテストを一生懸命取り組めるように、ポジティブな考え方で、目標を達成できると思います。

ページの先頭へ

大阪府立千里青雲高等学校の合格体験記

  • 大阪府立千里青雲高等学校(総合学科)合格