高校生対象の学力アップ・大学受験第一志望現役合格を目指す少人数制の学習塾

合格おめでとう!

合格校
桃山学院中学校(6年選抜コース)
出身校
大阪市立田中小学校
出身教室
開成ベガ 弁天町教室

 ぼくは、五年生の終わり頃にこの塾に入りました。幼稚園の頃から小学校五年生の頃まで違う塾に入っていましたが、体験授業を受けてとてもがんばれるなと思ったので、この塾に入りました。
 この塾の良いところは、人数が多くもなく少なくもなく、ちょうどいい人数で集中できる環境があることです。また、先生に質問がしやすい環境でもあり、細かい部分まで丁寧に教えてくれることも良いところの一つでもあります。
 ぼくは、特に志望校の過去問をやりこみました。間違えた問題は、まずなぜ間違っていたのか、解説を見ました。そこから、どうすれば解くことができるか、しっかり読み解くようにしていました。それでもあまり納得がいかない場合は、先生に質問しました。質問したところは今度は自力で解いて、解き方を覚えました。これを繰り返しやってみることが、合格につながることだと思います。
 受験の時は、とても緊張しました。母に「がんばってね。」と言われて、少し勇気をもらえました。ぼくは三科目受験でした。国語では、先生から「記述は埋めろ。」と言われたので、文章をよく読んで記述を全て埋めることができました。算数では、まず問題文や図を見て、どのようなことを聞かれているのかを知って、答えを求めるための式や線分図などをしっかり書きました。理科では、ふりこのきまりや植物の性質の問題が出てきたので、覚えたことを思い出して解くことができました。その結果、無事に合格しました。言葉に表せないほどうれしかったです。
 最後に、このぼくを合格に導いてくれた母や父、先生方に感謝します。本当にありがとうございました。

【保護者のメッセージ】
 桃山学院中学校・選抜コース合格おめでとう。そして、お疲れ様でした。
 中学受験をすると決めてから色々とありましたね。個別の塾から集団の塾の開成教育セミナーへ転塾。6年生での転塾で最初は慣れなくて大変な思いをしたと思います。
 塾へ行きたくないと言ったときもありましたね。お母さんもその時、悩みました。塾へ行かずに自由に過ごさせるほうがいいのか?一度、目指すと言った中学受験を簡単にあきらめるのか?お母さんは色々と考えた時、これからの将来どこかで何かを努力しなければならない時にすぐあきらめる子になってほしくないと思いました。一生懸命に頑張って努力して何かを得る子になってほしいと。そういう子は、自分の自信にもつながるし強みになると思っています。
 合格までの道のりよく頑張ったと思います。これがゴールではなくスタートです。春からの新しい学生生活、楽しく充実した日々を送ってね。

ページの先頭へ

桃山学院中学校の合格体験記

  • 桃山学院中学校(6年選抜コース)合格
  • 桃山学院中学校(6年進学コース)合格
  • 桃山学院中学校(6年選抜コース)合格
  • 桃山学院中学校(6年選抜コース)合格