高校生対象の学力アップ・大学受験第一志望現役合格を目指す少人数制の学習塾

合格おめでとう!

合格校
明治大学(商 商)
出身校
報徳学園高校
出身教室
代ゼミサテライン予備校 西宮北口教室

 何となくの勉強しかしていなかったのですが、2年生の頃から志望校を決定した私は12月に代ゼミサテラインに入塾しました。そこからはまさに精神的な戦いが始まりました。時には授業が眠かったり、何度も遊びに誘われて来ましたが「受験はいつか終わる」と信じて全て断って来ました。今その生活を振り返ると、よくそこまで我慢して努力を続けられたなぁと頑張った自分を褒めてやりたいと同時に、自分自身に誇りを持つことが出来ます。ですが、AO入試もチャレンジした私は大量の論文に加え、自己推薦書、小論文練習、面接練習などで重要な期間である秋に、勉強時間が大きく減ってしまいました。結果そのAOは不合格。そんなどん底で救ってくださったのが教室スタッフの皆さんです。苦しい時期に私の進む方向を示してくれ、勇気づけてくれた教室スタッフの皆さんの存在は大きく、心の支えとなりました。ここで私が伝えたいことは、受験は精神的な戦いであるけど決して1人で戦っているわけではないという事です。私自身も支えてくれる方々がいなければ間違いなく一般受験に失敗していました。だからこそ支えて来てくれた全ての方に感謝がしたいです。
 続いては私の受験談をしていきたいと思います。1、2年生参考程度に考えてください。私が直前期に最も力を入れた教科は日本史です。国語満点にすることが可能ならばもちろん武器になりうるのですが、過去問演習を何度もして来た有名大受験者の間では国語であまり差がつかないし、その日のコンディションに左右される科目なので日本史で満点を狙うのが有効だと気がついたからです。土屋先生の講義を受講していたのですが、直前までは恥ずかしながら文化史を怠っていました。過去問を目を通すと文化史は確実に問われていた為、直前に文化史を詰めまくりました。皆さんもこのようにならない為に過去問を早くから確認し、更に得点調整という存在も把握しておいてください。いかに選択科目が重要かが分かります。苦しい受験生活がこれから始まりますが、苦しい時こそ「受験はいつか終わる」を信じて踏ん張ってください。そして教室スタッフの皆さんを信じて共に戦ってください!

ページの先頭へ

明治大学の合格体験記

  • 明治大学(理工 建築)合格
  • 明治大学(国際日本 国際日本)合格