高校生対象の学力アップ・大学受験第一志望現役合格を目指す少人数制の学習塾

合格おめでとう!

合格校
立命館大学(文 人文-日本文学研究)
出身校
三島高校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 阪急茨木教室
代ゼミサテライン予備校 茨木教室

 塾へ入る時期がまわりの同級生と比べて遅く焦りが大きかったですが、代ゼミの授業を受け自分の弱点が明確になり効率よく勉強を進めることができました。夏休みの終わり頃に改めて第一志望校を決定し一番の目標にしました。自分には到底不可能に近い高い場所への挑戦でしたが怖気づくというよりむしろ闘志の方が大きかったと思います。それは代ゼミの講師の人への信頼といつでも話をきいてくれる存在がいるという心強さのおかげだと思います。しかし2学期に入りたくさんの模試を解く中で数字での伸びがほとんどなく立て続けに返却され途端にやる気を失いました。未来への不安と焦りで勉強が手につかず塾へも行きたくないと思う日もありましたがそれでも毎日行き続けて暗記だけでもし続けたことはとても大切だったと思います。その時期が一番辛く自分でも何となく今が最悪と思っていたのでこれを乗り越えればきっと成績があがるはずだと自分を無理矢理でも信じて励みました。私の弱い所は単語量なので英語も古文も日本史もやる気が出ない日はひたすら単語を覚えました。冬休みになる頃には単語をたくさん入れたおかげか、過去問の点数も前より上がり、読めなかった英文が理解できるようになり、それが分かった瞬間は本当に嬉しかったです。そこからは受験が近づくにつれもちろん不安もあったし焦りもありましたが全体としてみるとやる気が一番出てて受かりたいと強く思っていました。受験日の三日前くらいから緊張と不安に耐えられなくなっていた時担当のフェローさんが励まして下さり、その言葉で少し落ち着きを取り戻すことができました。自分の受験の仕方は一大学約一回のチャンスしかなかったので一日に全力でとにかく今までの全てを出せるように努めました。それぞれにあったやり方があると思うのでみんなと一緒だからではなく一つ一つ自分で責任をもって決めていくことが大事だと思います。

【保護者からのメッセージ】
 愚娘の場合、短期集中で駆け抜けた九ヶ月間で、結果は二勝二敗。悔し涙も喜びの笑顔も両方経験することができた大学受験でした。
 一番気をつけたことは集中できる環境でした。空腹で集中できない状態を避けるため、軽食を含め一日四食を作り続けました。また空調が整った静かな空間としては、代ゼミの自習室が何より快適なもので助かりました。特に今回は新型コロナ感染の脅威に哂された一年だったこともあり、スタッフの皆さんの細やかな室内消毒の作業や窓の開閉作業など地味で目立たない作業に、これほど感謝したことはありません。安心して通わせ続けることができたことは大きかったと思います。
 次に、娘の夢を尊重し続けたこと。身の丈を遥かに超える大学を目指していた娘の夢を、代ゼミスタッフの皆さんは否定することなく真剣に受けとめて下さり、真直ぐに伸ばして下さいました。信じる勇気が未来を変える。わが子を信じて伴走を遂げられますように。

ページの先頭へ

立命館大学の合格体験記

  • 立命館大学(食マネジメント 食マネジメント)合格
  • 立命館大学(スポーツ健康科学 スポーツ健康科学)合格
  • 立命館大学(政策科学 政策科)合格
  • 立命館大学(食マネジメント 食マネジメント)合格
  • 立命館大学(産業社会 現代社会-人間福祉)合格
  • 立命館大学(産業社会 現代社会-スポーツ社会)合格
  • 立命館大学(産業社会 現代社会-メディア社会)合格
  • 立命館大学(食マネジメント 食マネジメント)合格
  • 立命館大学(総合心理 総合心理)合格
  • 立命館大学(法 法)合格
  • 立命館大学(理工 電子情報工)合格
  • 立命館大学(理工 環境都市工)合格
  • 立命館大学(文 人文-国際文化)合格
  • 立命館大学(産業社会 現代社会-人間福祉)合格
  • 立命館大学(産業社会 現代社会-メディア社会)合格
  • 立命館大学(食マネジメント 食マネジメント)合格
  • 立命館大学(食マネジメント 食マネジメント )合格
  • 立命館大学(政策科学 政策科)合格
  • 立命館大学(情報理工)合格
  • 立命館大学(経済 経済 経済)合格
  • 立命館大学(産業社会 現代社会-子ども社会)合格