高校生対象の学力アップ・大学受験第一志望現役合格を目指す少人数制の学習塾

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

合格校
浪速中学校(Ⅰ類(6年)コース)
出身校
東大阪市立枚岡東小学校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 新石切駅前教室

 ぼくは兄のえいきょうで小学5年生の春からフリーステップへ通い始めました。このころは、受験などは考えていませんでした。
 このころは国、算の2科目受けていました。国語は今まであまりやったことがない文章問題に悪戦苦闘しました。算数は途中までは知っている範囲だったのでそれなりに解けましたが、知らない範囲になると全然解けなかったです。あと、計算ミスが多かったので宿題を計算問題に集中して出されたことに、やる気をなくしたりしました。それに春期講習があったので、とてもつらかったです。そして、夏ぐらいにお母さんから提案がありました。その内容は、受験するということです。志望校は、コロナも流行していたので、いざという時にリモート授業ができるように、タブレットを授業で使用する近大附属中学校を第1志望校にしました。ほかにも、兄がその学校に通っていることも決め手になったと思います。6年生に上がってから、理科の授業の科目を増やしました。理科は得意なのでとてもはかどりました。その年の秋くらいに、ほかの中学校の見学をしようと、浪速中学校に足をふみ入れたら、その学校は新しいのか、とてもきれいでした。クラブも多彩なところに目を引かれ、第1志望校を浪速中学校に変えました。冬期講習に入ると、授業は毎日、とても量があってつらかったです。でも、家族や塾の先生方のおうえんもあり、少しやる気が出たのでがんばれたと思います。ぼくはなぜか受験の日ギリギリでも緊張はしなかったです。それに、受験の前日に塾の先生方から手紙をもらいました。それを見て本当にうれしかったです。そして、受験の日は浪速中学校を2回受けました。そのときには、前まで感じなかった緊張を感じました。その時には手紙のことを思い出し、がんばりました。そして、結果は2回とも合格しました。しかも、特等生にもなれました。これは塾のおかげだと思います。

【保護者からのメッセージ】
 受験校を決めたのは小学校6年生の夏休み明け頃、模試などで行った事のない学校でした。それまでは兄の行っている近大附属の中学を考えていましたがコロナ禍にあい、学校見学もなく、本人の気持ちが今一つ受験に向かいませんでした。そして堺市で行われた私立中高の合同説明会で浪速中学を知りました。神道(神社系)の学校だそうで興味を持ちました。次の機会は学校見学。とてもきれいな学校で先生達も親切で本人も気に入りました。それからは浪速中学校に受かるべく同じレベルの問題から少しレベルの高い問題に取り組みました。
 私立中学校の問題は親が解いてもとても面白かったです。個別指導でしたのでかなりのわがままも聞いて頂きましたし、学校のレベルに合わせて指導して下さいました。本番前講師の先生から温かいお手紙を頂いて、チーフにもたくさんのはげましを頂いて感謝です。
 ありがとうございました。

ページの先頭へ

浪速中学校の合格体験記

  • 浪速中学校(Ⅰ類(6年)コース)合格
  • 浪速中学校(Ⅱ類(3年)コース)合格