高校生対象の学力アップ・大学受験第一志望現役合格を目指す少人数制の学習塾

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

合格校
武庫川女子大学(文 英語文化)
出身校
東海大学付属大阪仰星高等学校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 香里園駅前教室

◆クラブ活動との両立
吹奏楽部に入っていました。パートはサックスです。東海大仰星高校の吹奏楽部はレベルが高いです。吹奏楽コンクールで関西大会から全国大会に出られるのが3校なのですが、その中に入れました。あとの2校は、大阪桐蔭高校と明浄学院の3校です。うちの吹奏楽部はずっと関西大会までしか出場できなかったのですが、自分が1年の時に先輩たちが全国大会に出場しました。去年はコロナで大会がなかったので、「今年は結果をおととしよりも下げるわけにはいかないから絶対に全国大会に行こう」という気持ちでみんなで練習をやっていました。
部活の練習は厳しかったです。朝早くから合奏の練習があって、放課後も遅くまで毎日練習がありました。合奏の練習もしんどかったですが、私は同じ音域の人たちと意見を言い合いながらの練習がきつかったです。「この音をこう吹こう」とか「音程をもっと合わせよう」とか、「まだ音程があっていない」とか「もっときれいな音で吹こう」とか大変でした。全国大会出場が決まった時は、クラブのみんなで泣きました。全国大会では 銀賞を取ることができました。
吹奏楽部のマーチングでも関西からは全国大会に3校しか出られないのですが、それにも、京都橘高校や滝川第2高校と並んで出場でき、銀賞を取ることができました。大きなサックスを持って演奏しながら行進して、サックスが重たかったです。結局、クラブ引退は11月21日でした。めちゃくちゃ引退が遅かったです。

◆フリーステップに入塾してから
クラブが忙しすぎて、塾に入るのが遅くなってしまいました。絶対に今のままでは、大学に入れないと思って入塾しました。クラブを先に引退している人たちが、勉強をめちゃくちゃ頑張っていて、私も頑張らないとやばいと思いました。香里園駅前教室を選んだのは、学校からの帰り道だからです。香里園にある塾をいろいろ調べてここならよさそうと思って入塾しました。同じクラブの友達と一緒に入りました。

◆フリーステップでの授業
受講した科目は、現代文、古典、英語とサテラインで日本史です。
現代文は大谷先生です。授業以外でも悩み事があったら相談してとか言ってくれて、授業の時もいろいろ聞きやすい優しい先生でした。先生のおかげで、問題文の選択肢での間違っているのと間違っていないものの選択に自信を持てるようになりました。
古典は重原先生です。私は、入塾した時には、そもそも助動詞から分からなかったです。先生は、本当に最初から教えてくれました。最初は、古文を全然読めなかったけれど、入試の時には結構読めるようになりました。 
英語は末光先生です。授業が面白かったです。最初は髪型の印象が強すぎました。英語の説明が学校の先生とは比べものにならないくらいわかりやすかったです。私は文法とか全然できなかったけど、すごくわかるようになりました。
サテラインの土屋先生は、ネタたっぷりで、めちゃくちゃスピードの速い面白い授業でした。今までの学校の授業で日本史をやったところも全然覚えていないところがたくさんありましたが、サテラインできちんと勉強をやったら日本史がすごく楽しくなりました。

◆合格発表のとき
試験の出来はあまり良くなく思って、同女は4回受けたのですが全部落ちたと思っていました。後期も受験しないダメだと思っていました。でも、2回も合格していました。2教科受験の日と3教科受験の日のどちらも受かっていました。
発表は家でお母さんと一緒にネットで見ました。お母さんがたまたま仕事が休みで家にいて、私が「受かってる」と叫んだら、お母さんも確認してくれて、泣きながら良かったねと喜んでくれました。 

◆後輩へのアドバイス
直前期は、目の前にある時間を目いっぱい使って、めっちゃ勉強しました。お弁当も授業の間の休み時間で食べて、昼休みもめちゃくちゃ勉強しました。勉強ができる時間は、全部勉強をしていたと思います。指定校とか、行けるところとかを受験するのではなくて、自分が行きたいところを受けると決めたのだから頑張りました。自分がそこに行きたいと決めたことなので、あとはやるしかないと本気を出しました。やる気を出すために「落ちること」を考えました。そしたらもっと頑張れました。今、頑張ることより、落ちることの方が嫌なので、それを思って頑張りました。

ページの先頭へ

武庫川女子大学の合格体験記

  • 武庫川女子大学(教育 教育)合格
  • 武庫川女子大学(経営 経営)合格