高校生対象の学力アップ・大学受験第一志望現役合格を目指す少人数制の学習塾

精鋭教師陣

開成スクールが誇る
精鋭教師陣

「塾式予備校」開成ハイスクールだからできる、学校成績アップと志望校合格を見すえた授業を展開します。生徒一人ひとりについてしっかりと理解し、個性を大切にしながら学力を伸ばし、しっかりバックアップします。

英語の論理的な読解法を熱い授業で伝達し、受験に混迷する生徒を救い出す!
モチベーションアップと成績アップを両立させた、超英語講義を展開する!

大道 英毅先生

英語

私自身、模範となる高校生活は送っていません。勉強が嫌いで部活に明け暮れ、挙句の果てに浪人し、大きな挫折を味わいました。ただ、その辛い経験を通して生徒に伝えたいことはたくさんあります。生徒たちが抱く勉強したくない気持ち、勉強に挫折したときの逃げ出したい気持ちは痛いほどよくわかります。そんな状況を必ず救うことができると信じています。大学受験で大切なのは、いかに効率よく勉強するか、いかに結果を残すかです。結果の出ない自分流の勉強はもうやめましょう。確実に成功する近道を教えます。みなさんが挫折しそうになったら全力で支えます。

国語を得点源に変える生徒が続出中、開成ハイスクールを代表する「国語の神」!
論理的かつ明快な文法解析と読解法で、今日も受験生の成績がアップ!

重留 英明先生

国語

塾の教師として、誇りを持って教壇に立っています。そこに立つ者にしか分からない、受験生との緊張感、教室の生きた空気、熱の伝導。刻々と変化する教室内の一瞬に全てのエネルギーを注ぎ、授業に臨んでいます。受験とは、人生の中で最も大きな壁の一つ。その壁を乗り越えるべく日々努力を続ける受験生。全てが真剣勝負の日々。ただ勉強をするだけでなく、皆さんが今後の人生の様々な壁を乗り越える力を養えるよう、「受験」というツールを用いて各々の人間性を磨いてほしいと思います。学力の背後にある人間力。その力を養うため、努力の偉大さ、打ち込むことの大切さを実感してください。私は「国語」という学問を通じて、皆さんを精一杯応援します。

ページの先頭へ

教師からのメッセージ

  • 英語担当教師
  • 国語担当教師
  • 数学担当教師

英語担当教師からのメッセージ

大道 英毅

英語

自分自身が高校生の時に部活と勉強の両立で苦戦したことがあるので、みなさんの苦労はよくわかります。そんな痛みや辛さを私たちスタッフが必ず喜びに変えてみせます。高校は、いかに効率よく勉強するか、そしていかに結果を残すかです。結果の出ない自分流の勉強はもうやめましょう。開成ハイスクールで確実に成功する近道を学んでください。みなさんが挫折しそうになったら私たちが全力で支えます。

坂田 和彦

英語

英語の全体像をはっきりさせて、すっきり知識を整理していくこと。そして、その知識を使い、未知の問題に臨機応変に対応していく力を身につけること。これが、大学受験英語を攻略する一番の近道です。正しい英語の学習法を伝授し、大学受験英語を攻略する真の実力を効率的かつ確実に伸ばしていきます。
受験勉強は長く、苦しいものかもしれない。だけど、その先に夢があれば必ず乗り越えられる。その夢が叶ったとき、その経験は大きな自信になるはずです。あの時あんなに頑張れたんだから、これも大丈夫だ!と思うときが必ずあります。努力は決して裏切らない。頑張っていきましょう!

鈴木 進

英語

学ぶときに大切なことは、常に「なぜそうなるのか」と考えることです。英語でしたら、「なぜ『私は』のIはいつも大文字なのか」「なぜfishの複数形は無変化なのか」など、心に疑問符を持つことです。すぐに答えがでるものばかりではありませんが、授業を聞いているだけの受け身の姿勢では、学力の向上にはどうしても限界があります。物事の本質を知ることで、さらなる探究心が芽生えれば、学力は飛躍的に向上します。生徒のみなさんをはっとさせ、知的好奇心を刺激する授業を展開していきます。未来に向かって、共に頑張りましょう!

竹内 舞

英語

みなさんは、なぜ英語を勉強するのか考えたことがありますか?その理由は、英語がみなさんの将来の可能性を広げてくれる一つの大きな財産になるからだと私は考えています。日本社会も今、グローバル化が進んでいます。君たちが大人になるころには、「実際に使えることのできる英語の力」、つまり読み書きにとどまらず、「聞く」「話す」など、英語でコミュニケーションを図る力がますます求められるようになってきます。高校英語は中学英語に比べてはるかに難解ですが、一つ一つの文法やルールを丸覚えするのではなく、理解することで「使える英語」の素地が確実に築かれます。あなたたちはどんな夢をも叶えられる可能性を秘めています。将来の夢や目標に向かって、ともに頑張りましょう。

濱田 健太郎

英語

みなさん、こんにちは!!しんどいだけの勉強では毎日が楽しくないですよね。最終的にはみなさんが自分でしっかり勉強できるようになるために少しでも楽しく取り組めるよう、私がみなさんのお手伝いをします。「英語が苦手」という人は、中学生と比べ、高校生になると激増します。そんな人を一人でも多く減らせるよう、今日も私は授業に臨みます。

福原 俊幸

英語

高校英語は、ただ暗記だけに頼った学習をしていては、到底太刀打ちできません。なぜなら、例えば中学英語に比べ、高校での英語の学習量はおよそ9倍以上あるからです。英語は、単に暗記すればいいというものではなく、英文法の本質を確実に理解し、それに基づいて論理的に解答を導き出す科目なのです。私の授業では、大学入試に必要とされる、英文法の「基本理論」を完璧に伝授します。そして、解答術を身につける徹底演習を行い、君達の「英語総合力」を鍛えます!

井上 敬友

英語

これから大学を目指す高校生の皆さん。入試がある以上、受験は避けられないものですし、合格と不合格のどちらになるかは、時として「運」が左右する場面があるのも事実です。でも、黙っているだけでは、幸運は向こうからやって来てくれません。日々の努力を続けてこそ、その結果として、大一番での集中力がツキを呼ぶと言えます。大学受験を単なる学力の競い合いだと考えず、長い人生の中での一つのチャレンジだと思って、君の可能性を存分に広げてください。開成ハイスクールは、そんな皆さんを応援しています。

兒玉 章比古

英語

みなさん、高校生活、楽しんでいますか?私自身、高校で勉強についていけない時期があり、あとでそれを取り戻すのに大変な苦労をしました。せっかく希望して入った高校なのですから、勉強がストレスにならないよう「高校英語は完ぺき!分かる!」という状態にしておくことをおすすめします。
高校英語は中学とは違い「どれだけ理解するか」がポイントになります。テスト直前に教科書の本文をザっと眺めて、ハイ終わり…ダメ。絶対。です。サラリと高校英語を理解し、そして充実した高校生活を送っていけるよう、いっしょに頑張りましょう!

ページの先頭へ

国語担当教師からのメッセージ

重留 英明

国語

受験に臨む君たちの夢を叶えることが、私の夢。その夢を実現させるため、妥協なく君たちと向き合います。受験は将来にわたり大きな糧を生み出します。受験生が捧げるその人生の大きな時間と努力を、意義あるもの、かけがえのないものに変えて見せます。春に咲く桜がこの上なく美しく見えるよう、私は精いっぱいの講義で応援します。

森脇 康介

国語

混迷を極める現代社会において、様々な思想・哲学を学ぶことの重要性は言を待ちません。大学入試を突破する力をつけることのみならず、今を生き抜くための読解力・思考力・論述力を、現代文の授業を通して身につけてもらいます。古文・漢文については、文法・句形の習得から本格的な入試レベルの問題まで徹底指導します。センター試験、国公立大二次試験、私大入試、小論文入試、あらゆる入試を突破すべく、全力で諸君を鍛えます。

ページの先頭へ

数学担当教師からのメッセージ

秋田 純一

数学

高校の数学は、中学のときよりも「さらに高い山への挑戦」です。1つ1つの問題を征服するためにはハードな行程をクリアしなければなりませんが、達成したときの喜びは最高です!!だからこそ、僕は数学が好きなのです。そのおもしろさを、みなさんと一緒に授業で実感して行きましょう。質問もどんどん受け付けますよ。

中澤 宏尚

数学

数学力を向上させるには、考え方を理解し、その根幹となる定義・公式を定着させ、自力で答案作成する・・・としたサイクルを繰り返すことです。さらに「計算精度を上げ、より素速く解くこと」が求められます。『理解は出来ているが自分で解けない…』と言う人は、演習量が不足している証拠です。身体に染み込ませるほど問題を解きまくり、意識的に計算スピードを鍛え上げていくことで『真の数学力』を身につけましょう!

中嶋 由博

数学

数学には、いろいろな公式や定理が出てきます。その公式や定理を覚えるだけで『数学は大丈夫!』と思っている人も多いかもしれません。しかし、本当に必要なのは、筋道立てて考えていく「論理性」なのです。それが養われれば、「どういう問題に、どの公式や定理を、どう使うのか」という解法も自ずと導き出されます。これは難しく聞こえるかもしれませんが、適切な指導の下で、適切な訓練を行えば、「論理性」は必ず身につくものです。数学は、今よりもっと得意になれる教科です!

堀川 大介

数学

中学生になったとき小学校のときに比べやるべきことが凄く増えたのを覚えていると思います。しかし高校の数学はその中学と比にならない位、膨大な学習範囲になります。中学は算数数学が得意だったはずなのに高校に入ったら、「点が取れない」、「問題が解けない」なんていう生徒が毎年必ず多数出てきます。やるべきことが増えるので、「1つ1つの公式の理解」、「極力後回しにしない」「単元同士のつながり」に注意し、高校での学習を優位に進めましょう!大学入試まで与えられた時間は皆同じです。時間を上手に使えるようにし、夢を現実のものへ近づけていきましょう!

大槻 隆史

数学

高校数学は中学までと比べ、学ぶ量が格段に増え扱う内容も高度になります。公式や記号、数の概念もますます増え一見難しそうに見えます。しかし、本質を理解しじっくりと取り組み、練習を積んでいけば心配はいりません。ただ、継続する努力が必要となるのは言うまでもありません。授業では好奇心と理解できた時の喜びを大切にし、全力でサポートしていきます。数学を学ぶことを通し、驚きと感動を共有しましょう。積み重ねた感動の数々が、大学受験突破と将来の夢へと皆さんを誘います。楽しむ心を忘れず、探究心を育み、自らの世界を大いに拡げていきましょう!

その他、多数の実力講師陣がキミを全力で伸ばします!

ページの先頭へ