大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

近龍公募英語対策合宿2016実施レポート

2016.11.08

 10月22日(土)から10月23日(日)までの1泊2日、大阪府泉南郡岬町にある開成教育グループ研究施設である「淡輪ハウス」と滋賀県高島市にある「アクティプラザ琵琶」にて、「近龍公募英語対策合宿2016」を実施しました。近畿大学志望者は淡輪ハウスに、龍谷大学志望者はアクティプラザ琵琶にそれぞれ集まり、各大学の公募推薦入試直前対策授業を英語に特化して2日間受講しました。

今年で3年目となる「近龍公募英語対策合宿」は次のような目的で実施しています。

①近畿大学・龍谷大学公募推薦入試で合格に必要な英語の設問別解法を網羅的に確認してもらう。

②近畿大学・龍谷大学公募推薦入試までの1か月の勉強の指針を確認し、実行できるようにする。

③短期間でも努力すれば結果がでることを実感してもらい、入試までの残り期間の勉強に対するモチベーションとしてあきらめずに取り組む。

④近畿大学・龍谷大学公募推薦入試で合格に必要な戦略(時間配分・解答順序など)を実践して確認する。

 今年も多くの方にお申込みいただき、各会場がすぐに埋まってしまい、急きょ定員を増員させるという盛況ぶりでした。ご参加いただけなかった方には誠に申し訳ございません。当日は152名の高校生が淡輪ハウスとアクティプラザ琵琶に集合し、1泊2日の合宿がスタートしました。

開会式では、合宿での目的の確認、目標の設定、合宿の注意事項の伝達を行いました。そして、現状を把握するための事前テストを実施しました。事前テストは近畿大学、龍谷大学それぞれの過去問題を使用しています。

はじめに事前テストでできている問題、できていない問題を確認し、それぞれの大学の試験傾向、当日の試験を解答する際の問題解答順序や時間配分などを確認してから、授業に入りました。授業では模試や過去問題演習でよくある解きっぱなしを防ぐ意味でも、まず直前に解いた事前テストで解いた問題の解説から始めます。授業は学力別に編成されたクラスに分割して行い、それぞれの大学の過去問題を使って出題される問題形式の解説、定着するための演習を交互に繰り返す形で進めました。

夕食と入浴、自習の時間もありましたが、23時前まで授業が行われました。入試直前期ということもあり、生徒たちはみな集中力が途切れることなく熱心に授業を受けており、自習時間も集中して自主学習を行っていました。

授業の様子

23時過ぎからは英単語特訓を実施しました。英単語特訓は通常の授業とは雰囲気を変えて、重要単語をよく組み合わされる単語と一緒に覚えることで語句整序問題対策、文法語法問題対策としてもらうテスト形式の勉強イベントです。3つの単語テストに合格するまで、暗記とテストを繰り返します。テストに合格した生徒も教室に残って勉強している姿が見られるほどみな集中しており、入試直前期の緊張感が伝わってきました。

2日目は起床、朝食を済ませて、8時前より授業開始しました。1日目も夜遅くまでがんばっていたため、疲れも見えましたが、午前中4回の授業を集中して授業を受けていました。そして、昼食をはさんで修了テストを実施しました。

事前テストと比較して、30点以上得点が上昇した生徒も散見されました。どちらの大学も事前テストの点数と修了テストの結果を比較すると平均で+10点程度の上昇が見られました。

修了テスト後は合宿の総まとめとして、修了テストの解説授業を受けて、問題を解きっぱなしにはせず、その場で最後の確認を行いました。

 最後の閉会式では、事前テストと修了テストの結果から優秀な成績を収めた参加者を表彰し、まとめを行って1泊2日の合宿を無事に終了しました。

今後も生徒一人ひとりにとってよい結果につながるよう私たちも全力でサポートしていきます。

参加した生徒の声

・今までと異なる環境で勉強できたのでいい経験になった。

・文法対策がとても楽しかったです!ホテルもベッドや部屋がきれいで過ごしやすかったです。

・勉強が多く疲れたけど、ためになった。後1ヶ月頑張って合格しようと思った。

・スケジュールがタイトすぎて息をつく暇がなかった。でも普段自分がこんなみっちりと勉強したことがなかったのでいい機会になった。

・テストを受ける上で周りの雰囲気、不安、焦りを体験して少しなれた気がします。

・解いているときの疑問も、聞く前に前で全てやってくださったので、次の段階へ自分を持っていくことができた。本当にためになる勉強会でした。参加してよかったです。ありがとうございました。

・周りの人の受験への姿勢や、勉強の仕方が分かり、一緒に勉強ができて刺激になりました。

・同じ目標を持つ友だちができたこと。

・基本ができていないことを痛感した。ここから苦手なところを克服していこうと思った。

・修了テストがすごく上がって、合格ラインまで到達できて驚いた。

・分野別にやることで自分に不足している部分が分かった。

【タイムスケジュール】

10/22(土) < 1日目 > 10/23(日) < 2日目 >
11:30 会場集合・昼食・開会式 07:00 朝食
13:00 実力判定テスト 07:40 2日目授業開始
15:00 1日目授業開始 12:20 昼食
18:30 夕食 13:00 修了テスト
19:20 授業/入浴/自習 14:30 修了テスト解説授業
22:55 特別特訓 16:10 閉会式
24:00 1日目授業終了 17:00 会場解散

お知らせへ戻る

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ