開成教育グループ

このページを閉じる

塾生保護者の子育てエッセイ 子育て百景

成学社賞

子育て朗景

ヒヨコマメ様

角度で表すと前方45度。
それ位だったよね、あなたたちの見ることができた世界は。
朝は泣きながらの起床。
教室に入らず一日中お迎えを待ってた幼稚園。
知らない間に綺麗なお姉さんについて行っちゃうお出かけ。
お菓子売り場で勝手にお菓子開けちゃうお買い物・・・

今、中3と高3になったあなたたちの視野はどの位広がった?
180度と270度。いえ、それ以上ですね。
お母さんをどんどんと追い越していく姿は頼もしい限りです。

あなたたちが自分自身と、前しか見えていなかったあの頃からお母さんはずっと願ってきました。
人の痛みのわかる人になって欲しい。
不自由ない国に生を受けたこと、そして五体満足の有難さを当たり前だと思わないで欲しい。
その思いを心に同じ時間を過ごしてきたつもりです。

そしてあなたたちは母親の贔屓目ながら、周りの世界に、そして人達に感謝して大きくなってきてくれたと思います。
新米母親の頃は自分の事だけに一生懸命なあなたたちを友達と比べたり、時間を気にしたりして叱り、泣き、苛立ちの繰り返しでした。
今思うと自分の事だけで、ただそれだけで充分だったのにね。

吹奏楽部、その後輩への指導、塾、そして高校受験。
陸上部、応援団団長、塾、そして大学受験。
早くから将来に向けて目標を立てて奮闘中です。
3歳違えど自分の殻を破ろうと頑張る姿は同じです。
表には出してないつもりでしょうが、お互いのライバル意識・・お母さんには見えてますよ。
そんな早朝から深夜まで妥協なしで全力投球するあなたたちを見て未熟だったあの頃のお母さんをを反省するばかりです。
時には怖い顔をしていると思うけどあなたたちをギュッと抱きしめてあげたいと思ってるんですよ!あの頃はしてあげれなかったからね。

小学校から度々かかってくる”今日の悪事”の電話。
一度気分を損ねると部屋に閉じこもり物に当たりわめく。
たくさんゴミ箱に消えていった片付けてもらえなかったおもちゃ、文房具、本。
無くなった物以上にたくさんたくさん心配しました。
そのうちそのうちと待った甲斐がありました。
今では安心してあなたたちの一番のファンだと言い切れます!

決して人を笑いません。
困ってる人に声をかけることができます。
食べ物は残しません。
物は壊れるまで使います。
お母さんは誰の真似もしないあなたたちが一番かっこいいとおもいます。
頑張っていることがどんな結果になってもどれも成功ですよ!
お母さんも子育ての成功に近づいてますから。
いつか自信を持って報告できそうです。
きっと同じ思いでお母さんを産んで育ててくれた空の上の自慢の両親に。

受賞作品一覧に戻る