day4_01
仕事上で忘れられないエピソードを教えてください。

入社してから、エリアマネージャー職6年目が終わる頃、突然、教室に役員が来られました。内容は次年度のあるプロジェクトのリーダーになってほしいという内容でした。突然のことで驚きを隠せませんでしたが、部内初の試みのプロジェクトであったことや、自分自身が取り組みたかった内容だったこともあり、気持ちが高揚したことを今でも覚えています。立ち上げは私1人からスタートし、半年後にメンバーを増員、1年間かけて試行錯誤を繰り返しました。その結果、今では個別指導部の教室運営を支える中心の業務となっており、大きな仕事の価値を残せたと感じています。

忘れられない理由は?

プロジェクトが立ち上がった当初、上司や先輩方に多々助けていただきましたが、基本的に1人だったので、孤独を感じることがありました。また、役割は間接的な業務であるため、直接保護者や生徒から感謝される内容ではなく、仕事の成果という実感を得る機会は少なかったです。ところが半年後にメンバーが増えたことで、そのメンバーと試行錯誤を繰り返し、プロジェクトの目的や目標にあるものをかたちにできたことは今でも大きな価値だったと感じています。まだまだ進化途中だと思いますが、何もないところから価値を作り出したことは私の職業人生において大きな経験となりました。

仕事のやりがいは何ですか?

成学社の基本理念や基本ビジョンそして経営理念がありますが、それに向かって仕事ができていると感じるときです。それは社会を良くすることや、顧客に満足いただくことですが、ときに行う仕事内容によっては成果が見えにくいものも多々あります。しかし、その見えにくいものが少しずつ形を成し、やがて大きな成果につながっていることを実感した時の喜びは何とも言えない達成感があります。そしてそれを共有できる上司、部下、同僚といった仲間が存在し、その仲間とともに自分自身も成長できていることを実感するときにまたさらに大きなやりがいを感じます。

day4_02
成学社の良いところはどこですか?

企業利益や個人利益だけを追い求めるのではなく、教育というサービスを通して、社会貢献や顧客満足に対して、留まることなく、チャレンジし続けているところです。本気で取り組み、そのためには何ができるか、もっと価値あるものはどうやったら生み出せるのか、全社員が今存在するものをより良くするという精神が成学社の象徴と言えます。S-CUBEシステムやオリジナル教材などの教育サービスの開発や、カスタマーサポートチームの設置など、一職員のアイデアが成学社の強みになっているという点が何よりの証です。

◂前のエピソード 次のエピソード▸