day5_01
仕事上で忘れられないエピソードを教えてください。

入社1年目の夏、私の教室に高校3年生の男の子が駆け込んで来ました。成績は卒業できるかどうかギリギリ。それでも、生徒・保護者は私の事を『先生』と呼んでくれ、『合格するためにはどうしたらいいのか』と必死の形相でした。これは放っておけないと思った瞬間、『私に任せてください。』と自然と口から零れました。そこから、私は彼にとって最善の大学入試方法を先輩社員と相談し、カリキュラム作成を講師とともに行いました。毎日、生徒と向き合い、定期的な面談の度に励まし続けた結果、志望以上の大学に無事に合格できました。

忘れられない理由は?

合格後の面談でお母さんに『先生に出会えてよかったです。フリーステップに来て正解でした。本当にありがとうございました。』とお礼の言葉をいただいたことです。そこで、私は隣で照れくさそうにしている半年前とは顔つきがすっかり大人びた生徒に『お母さんに受験の応援してくれてありがとうって言いましたか。もし言ってなかったら、今、言いなさい。』と言うと生徒は恥ずかしそうに『お母さん、応援してくれてありがとう。』その言葉が生徒の口から出た瞬間、お母さんの目からは涙が溢れ、止まることはありませんでした。真剣に向き合った結果、生徒・保護者の期待を超えたサービスを提供し期待以上の成果が出せたのだと実感しました。あの時の感動は今も忘れられません。

仕事のやりがいは何ですか?

教室チーフは講師と共に働き、共に成長していくことで、沢山の生徒を志望校合格、点数UPに導いています。そうした活動を通して、たくさんの『成長』に関わることが私のやりがいです。人は成功体験を積み重ねていく度に顔つきが変わります。入塾した時とはまるで別人かのように成長してくれた生徒。最初は頼りなかったが、教室で生徒のために一生懸命に働いてくれ成長する講師。壁を乗り越えていくことで彼らの成長を実感する瞬間は何物にも代えがたいです。

day5_02
成学社の良いところはどこですか?

『人』と『人』が大きく関わり合う教育の世界だからこそ、社内の人間関係が良好で悩み事を誰にでも相談できる環境が成学社にはあります。 新卒入社一年目、右も左もわからない私は、たくさんの先輩社員、同期入社の同僚に助けられました。私が困難に出くわした際、自分のことのように解決策を考えてくれた先輩に、時には良きライバルとして競い合うことができる同期に、私の関わる全ての人が私の成長のために関わってくれる有難みをいつも感じています。

◂前のエピソード 次のエピソード▸