day8_01
仕事上で忘れられないエピソードを教えてください。

子ども達の成長を日々間近で見て感じるこの仕事において、心に残ることはたくさんあります。その中でも、行事における姿にはいつも感動し、子ども達の持つ力に驚かされます。今年の運動会では、2歳児のかけっこで補助としてスタートラインにつき、1人ずつ送り出しました。その際の子ども達の後ろ姿に、私は強く感動しました。

忘れられない理由は?

当園は今年で開園3年目を迎え、開園当初担当していた0歳児の子ども達が今年2歳児となり、この子達にとっては当園で行う最後の運動会でした。家庭とは違いなかなか自分らしさを出すことが出来なかった子、メリハリをつけ集中して物事に取り組むことが難しい子、それぞれの成長を入園時からずっと見守ってきました。当日、多くの保護者が見守る緊張の中で、名前を呼ばれ大きな声で張り切って返事をし、力強く駆け出していくあの後ろ姿に胸が熱くなりました。これまで過ごしてきた日々が思い出されると同時に、歩行もままならなかったあの頃からは想像もつかないほど立派に成長した子ども達の姿を見て、とても感慨深かったです。

仕事のやりがいは何ですか?

この仕事のやりがいは、やはり子どもの成長に携われることだと思います。私達保育士が温かく見守ることで、子ども達は日々少しずつ成長するでしょう。しかし、『子ども達が未来を生きる力を育むこと』を常に考え、日々の保育の中でその力を育む為にどのような活動が必要で、保育士としてどのように子どもに寄り添い、言葉を掛け、見守りや援助を行うか、日々変化する子ども達の姿を前に、失敗や反省を繰り返しながらも具現化していくことで、子ども達の学びの芽を育むことが出来ます。また、保育士間だけでなく、家庭・保護者との連携も図ることで、その成長はより促され、子どもの成長を保護者と共有出来ることは私にとって大きな喜びです。

day8_02
成学社の良いところはどこですか?

これまで私は、社会福祉法人が運営する保育園で働いてきました。姉妹園や系列園がある保育園は少なく、他の保育園を見て学ぶ機会はなかなかありませんでした。成学社では、小規模保育園、認可保育園を次々と開園し、他園での行事の見学や進行の手伝いを通して、良い刺激を受け、学ぶことが出来ます。学びというところでは、研修制度が充実しており、保育の質の向上を図ることが出来る職場であり、より良い保育の提供を全職員で実現出来る環境にあります。また、本社の様々な部署のサポートが常にあり、何か困ったことがあった時に対応をしてもらえることも、とても心強いです。

◂前のエピソード 次のエピソード▸