一日のスケジュールPC
一日のスケジュールSP

生徒の心を掴むこと

私が仕事をする上で大切にしていることです。私が担当する数学で大切なことは「答えが出るまでのプロセス」です。生徒にはそのプロセスをしっかり理解してもらうために、自分の授業をしっかり聞いてもらいたいです。そこには「生徒との信頼関係」が関わってくると思います。よく知らない人、自分が信頼をおいていない人の話を真剣に聞こうと思う人は少ないでしょう。せっかく授業中に良い事を言っても、それが生徒の耳に届いていなかったら意味がありません。そのため、私はまず生徒と信頼関係を築くところから始めます。授業内外問わず、積極的に生徒に話しかけます。生徒と会話を繰り返すことによって、お互いのことを深く知っていくので、生徒からも私に話しかけやすくなります。会話を通して生徒の心を掴めたら、最終的には自分の授業で生徒の心を鷲掴みします。

なぜその答えなのか?

クラス指導部の社員は【数学科】【理科科】【国社科】【英語科】のいずれかに所属しています。私は数学科に所属していますので、授業は主に小学生算数と中学生数学を担当します。授業は80分間(学年によっては50分の場合もあります)ですので私が授業の中で大切にしていることは、「なぜその答えがでたのか」ということです。数学で重要な解き方を理解していないと類題に対応できません。そのため、私は「答えが出るまでのプロセス」を生徒がしっかり理解できるような授業をしようと日々努力を重ねています。周りにはベテランの素晴らしい先生方がたくさんいらっしゃるので、空き時間に授業構成を相談させていただくこともあります。

生徒の拠り所になる先生に

塾に来るということは、その子は何かしら勉強で困っています。たくさん質問してくれる生徒なら良いのですが、なかなか質問できないという生徒も当然います。そのような生徒にはこちらから近づいていかなければなりません。「最近調子どう?」「今日の内容理解できた?」など、生徒が自分の気持ちを伝える機会をこちらが与えてあげます。質問するのが苦手な子も、聞かれたら答えてくれます。そのコミュニケーションを繰り返すことで、生徒も質問することに慣れてきます。すると、もし何か困ったことが起きたら「先生~!」と話しかけてくれます。そのように、質問することに抵抗がない生徒からもある生徒からも頼ってもらえるような先生が私の理想です。「井手先生になら話せる」と思ってもらいたいです。

これから就職活動をされるみなさんへ

絶対に一人で就職活動をしてはいけません!友達と一緒に・・・という行動をお勧めしているわけではありませんが、一人で悩んでいても解決しません。就職活動を通して出会う人がいると思います。その人たちとたくさん情報交換をしてください。また、合同企業説明会や会社説明会で出会う社会人の方とお話しすることで、会社の見方が変わると思います。私が就職活動をしている時は、就活セミナーにひたすら通っていました。エントリーシートの書き方や面接対策などはプロに教えていただくのが一番です!
ぜひ、いろいろな情報を駆使して、自身にとって納得のいく就職活動をしてほしいです。そしてその時選んでもらえるのが「成学社」ならうれしいなと思います。

個別指導部 教室チーフ▸