一日のスケジュールPC
一日のスケジュールSP

相手の想像を超える感動を

保護者様に信頼をしてもらい、想像する以上の結果を出すことが私の仕事です。結果とは単に点数を上げる、志望校に合格させることだけではありません。自学習ができない生徒に対してモチベーションを上げることで自分から進んで勉強することができるようにしたり、学校ではなかなか積極的に学習できない生徒に対して塾を好きになってもらい、勉強する場を提供するといったことです。フリーステップに通ってくれている全生徒に対して、点数アップや合格だけではなく、それ以外の価値も創造できるように意識して仕事をしています。 また生徒だけではなく一緒に仕事をしている講師にも社会に出て恥ずかしくないよう日々指導をしています。生徒の成績に直結する講師の育成を行うことにより、生徒の成績アップを教室全体で取り組むことができるような環境づくりをしています。

保護者の期待に応える面談が出来るかずっと不安でした

入社してから一番初めの困難は面談でした。入社半年前から研修を受けて教室責任者として準備をしてきたつもりでしたが、いざ保護者と面談をするときは緊張していて、何もできなかったことを今でも鮮明に覚えています。保護者、生徒は一生懸命塾を探していたので、その期待に応えるだけの面談と情報提供ができなかったことは何度もありましたが、その都度上司に面談に立ち会ってもらい、フィードバックも行ってもらい、徐々に一人で面談をすることができるようになりました。
それ以外にも生徒との関係性がなかなかうまくいかなかったことも、初めはありました。どのように接すれば上手くいくのだろうと考えて、その生徒に対してコミュニケーションが希薄になってしまった時期もありましたが、こちらから積極的に話をしていき、徐々にその生徒も心を開いてくれるようになりました。

多くの生徒を預かり、多くの幸せを生み出したい

教室の目標としては、全員第一志望への合格です。そのためには講師の育成を行い、生徒の学習に対する態度を変えていき、保護者が望む結果を最低でも出すことです。そうすることにより、地域での教室の評判を上げ、今まで以上に多くの生徒を預かることができるようになり、少しでも多くの生徒の志望校合格に貢献できるような教室を作っていきたいです。
個人の目標として自教室はもちろん、より多くの教室責任者と協力して良い塾を作っていくことです。会社の地位が上がっていくにつれて、人に納得してもらい、主体的に動いてもらうような力が求められてきます。その力を今のうちからつけていきたいと考えています。

これから就職活動をされるみなさんへ

どの仕事もそうですが、楽しい時もあれば楽しくない時もあると思います。実際私も仕事を始めた頃は大学生からいきなり社会人になって、様々な責任から逃げたいと思う瞬間もありました。さらに恥ずかしながら大学生気分がなかなか抜けきらずにいたことも間違いありません。ただ講師のこと、自分のこと、教室のことを好きでいてくれている生徒のためにもその責任を背負ってでも生徒、保護者のために頑張っていこうと決心しました。受験という生徒の人生を預かるとても大変で重要な仕事ですが、生徒、保護者の喜ぶ顔を見た瞬間、その努力はすべて報われます。いろいろな職業があると思いますが、顧客の期待に応えることができるだけはなく、自分も成長させてくれる会社を見つけてください。
そういった前向きな選択の先に「成学社」があればいいなと願っています。

◂クラス指導部 講師 保育事業部 保育士▸