一日のスケジュールPC
一日のスケジュールSP

保育士に多くの感動を見せてくれる子どもたち

私の仕事のやりがいは、子どもたちと信頼関係をしっかり築き、子どもの成長を目の前で感じられる事です。今まで歩いていなかった子どもの歩く瞬間を見ることができたり、オムツをしている子が一人でトイレに行けるようになったりと、その瞬間は私にとって本当にやりがいや感動を覚えるときです。そして丁寧な関わり方をすることで、より子どもとの信頼が出来てくるからこそ、子どもたちがいろいろな感情を担当の保育士に見せてくれている事もやりがいの一つです。

言葉が話せない子どもたちの気持ちをできる限り受け止めてあげたい

私が仕事をするうえで大切にしている事は、まだ言葉が話せない子どもたちの気持ちを出来る限り受け止めていくことです。保育士と子どもの信頼関係が出来ていき、子どもたちにとって常に同じ大人が育児をすることで安心して過ごせる、そして気持ちを受け止めてほしい時に気付いてもらえることこそが、子どもにとっても本当に大切な事ではないかと感じています。すぐに関係が出来るわけではないので毎日の関わりの大切さを感じます。

まずは子どもたちと信頼関係を築いていくこと

私は保育士1年目で1歳児の担任を持たせていただいています。 新規園という事もあり、12名全員が新入園児でした。まずは保護者と離れるのが嫌で初めての環境に子どもたちの情緒も安定せず、保育をスタートしてしばらくの間は毎日誰かが泣いている。そんな環境でした。 まずは子どもたちと信頼関係を築いていく事、どうしたら安定できるのかを考える日々でした。 しかし、少しずつ子どもたちの性格や発達がわかり、自分との信頼関係が出来てくると自分の声かけにスムーズに応えてくれるようになり、とてもやりやすくなってきたら本当に子どもがかわいく楽しいです。自分と子どもとの間に信頼関係が深まってきたと思うとうれしい気持ちになります。

「子どもがまるで家で過ごしているようにリラックスできる」そんな保育園です

私が成学社への入社を決めた理由は、保育園見学をさせていただいたときに初めて『育児担当制』という保育に出会ったからです。 子どもたちが日課にそって過ごしている姿を見て、ものすごくスムーズで落ち着いて保育していたのがとても印象的でした。私はそんな子どもたちの伸び伸び過ごしている姿や、まるで自分のお家のように過ごすのを見て、子どもたちにとってよりよい生活を送ることが出来ていたのを見て入社しようと決めました。 職場環境としても園長はじめ皆さん暖かく、本当に感謝しています。 入社した当初から本当に親切にしてくださり、何か分からないことがあるとその都度丁寧に答えてくださりました。面談という機会もあり、何か聞きたいことなどを聞くことができる時間も設けてくださり安心して業務に励むことができています。常に私たち(職員)の事を気にしてくださり、本当に良い環境にいるんだと日々感謝しています。

これから就職活動をされるみなさんへ

私は仕事を通して本当にたくさんの学びがありました。仕事をする事は学生の頃と違って責任感や大変な事も出てきます。
しかし、その中でやりがいを感じたり、新しい自分と出会ったり、たくさんの成長させてもらえる場所でもあります。 保育園では子どもたちから教えてもらう事、気づかされる事がたくさんあり、子どもたちだけが成長するのではなく私たち保育士も人として成長させてくれる場所ではないかと感じています。

◂個別指導部 教室チーフ クラス指導部 エリア長▸