大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

合格おめでとう!

合格校
山口大学(理 生物・化学)
出身校
西宮(県立)高校
出身教室
代ゼミサテライン予備校 西宮北口教室

長かった1年ほどの受験勉強が終わり、この春から山口大学に行くことが出来るのは、両親、学校の先生、代々木ゼミナールの講師の方々、代ゼミサテライン予備校西宮北口教室のチーフやフェローの皆さんのおかげだと思っています。不安なときに相談に乗ってくれる人の存在の大切さをとても感じた一年でした。
 さて、この合格体験記では、受験勉強をしていく中での志望校選びや、勉強で注意したことなどを書きたいと思います。
 僕が代ゼミサテライン予備校に入ったのは3年生の春でした。きっかけは代ゼミサテライン予備校の卒業生に紹介され、体験授業を受けたことでした。当時、理系ながら理科が全く分かっていなくて、救いを求めるように教室に入りました。そこで受けた授業は亀田先生の化学で、実際の図や表などで知識を整理していくスタイルは教科書や学校の授業で理解できなかった僕にとってとても分かりやすく楽しかったです。受講後すぐにこの先生の授業が受けたいと思い、入塾を決めました。他にも英語や数学などの授業の質もよく、今では本当に代ゼミを選んでよかったと思っています。
 志望校選びについて話すと、きっかけはやはり化学の授業で僕にとって化学革命が起きて、化学が好きになってことです。大学の学部も化学系にしました!完全に亀田先生のPR活動みたいになっていますが、何が言いたいかというと、きっかけは何であれ大学選びは名前ではなくやりたいことから決めた方が良いという事です。僕が受験勉強の中で一番苦労したことは、モチベーションをいかに保つかでした。名前だけで何となく志望校を決めていた時は、モチベーションをずっと高く保つのが難しくサボってしまうこともありました。やりたいことから志望校を決めてからはやる気も持続し、実際の受験校選びの時もやりたい系統だけはぶれませんでした。受験勉強していく中で、大学に入ってから何がしたいのかを考えることも大切だと思います。
勉強で注意したことは、勉強した気になって実際は伸びていないなんてことが起こらないようにすることです。僕は理解してからが勝負という気持ちで勉強していました。具体的には問題集を解いたりするときに、わからなかったり間違えてしまう問題は必ずあると思いますが、答えや質問することで理解してそのまま次の問題に行くのではなく、もう一度最初から解いて、次の日にもう一回解くようにしていました。解ける気になっているだけで、実際に模試などで似たような問題が出ると解けないという経験をしている人は多いと思います。理解してアウトプットの練習をすることはとても大切だと思います。
 最後に代ゼミサテライン予備校の魅力をアピールさせてください。長い受験勉強の中で一番長くいた場所が代ゼミサテライン予備校の教室で、どんなに小さなことでも真剣に話を聞いてくれる環境でした。生徒のためにこんなに一生懸命になってくれる塾は他にないと思います。何とか大学に合格できて本当に感謝しかありません。これから代ゼミで受験勉強を始める人も必ずそう思うようになると思います。
 長くなりましたが、これで終わりたいと思います。ありがとうございました。

ページの先頭へ