大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

合格おめでとう!

合格校
雲雀丘学園中学校(一貫探究)
出身校
宝塚市立長尾南小学校
出身教室
開成ベガ 川西中央教室

 私が塾に通って学んだことは、あきらめず、あせらず、じっくりと目標に向かって進んでいけば、必ずその成果が出てくるということです。
 私は理科が得意科目で、国語と算数が苦手科目でした。主教科が苦手なので、なかなか成績が伸びませんでした。しかも、得意な理科も暗記しかできず、計算問題は一切できませんでした。けれど、六年生最後のまさに入試直前まであきらめず、夏期講習や実践演習の問題の中から、苦手なところの解き直しを続けました。そうすると、少しずつ苦手な問題が出来るようになりました。その時、苦手な問題もあきらめずにやり続けていれば、必ずできるようになると感じました。
 また、私はうっかりミスが多く、計算間違いや、問題の読み違いをすることがよくありました。そこで、大事な部分に線を引いたり、もう一度問題や自分の計算の答えを見直すことを心がけました。国語は大事な文章に線を引き、算数は問題が何を問うているかを意識しました。
 何事もあきらめず、じっくりと目標に向かうことで、私は志望していた雲雀丘学園中学校に合格することができました。
 塾に通い始めた頃、私はまだはっきりとした志望校があるわけではありませんでした。けれど、オープンスクールや説明会に参加していくにつれ、「やってみなはれ」という、何でも挑戦してみようという雲雀丘学園の考え方がいいと思うようになっていきました。そして、体験会で先輩達が仲良く明るく部活動をしている姿を見て、さらにあこがれを持つようになりました。
 中学受験は決して楽なものではありません。何度も心が折れそうになることもありました。けれど、家族や先生、友達など周りの人が協力、応援してくれたからこそ、ここまでがんばることができました。私を支えてくれた人達への感謝を忘れず、夢に向かってこれからもがんばります。

ページの先頭へ

雲雀丘学園中学校の合格体験記

  • 雲雀丘学園中学校(一貫探究)合格
  • 雲雀丘学園中学校(一貫探究)合格