大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

合格おめでとう!

合格校
金蘭千里中学校
出身校
箕面市立豊川南小学校
出身教室
開成ベガ 小野原教室

 私は理科が苦手でした。テストでは、いつも理科の点数が一番悪かったです。特に生物と化学が苦手でした。生物は、五年生の時にほとんど覚えずに六年生になってしまいました。そこであせりを感じ、いろいろなテキストの問題をたくさん解きました。すると、だんだんと覚えられるようになり、合不合判定テストなどでは生物が他の物理などよりも一番解けるようになりました。それで理科の点数が上がり自信がもてるようになりました。一方で、化学はなかなかできず、特に水溶液の計算が解けませんでした。しかし、いろいろなゼミをうける中でだんだん解けるようになりました。
 一方で私が一番得意だったのは算数でした。最初の方は計算がなかなかあわなかったり、テストで半分以下の点数が続いたりと苦労しました。しかし、毎日計算を解くことで計算力が上がり、難しい文章題も解けるようになっていきました。すると算数が楽しくなり、テストでも七割以上とれるようになりました。
 今年はコロナウイルスで合宿などがなくなり、ペースがくずれてしまうこともありましたが、それで気がゆるむことのないように気を付けました。
 入試当日は、国語で時間が足りずあせりましたが、気持ちをきりかえて落ちついて解くことができました。合格したときはとてもうれしかったし、ほっとしました。
 合格するためには、毎日コツコツと勉強に取り組むことが大切だと思います。そして無理をせず、気分てんかんをすることも大事です。入試当日は、落ちついて自信をもって取り組んで、合格してほしいと思います。
 最後に、自分が合格できたのは、応援してくれた家族や友達、そしてわかりやすく教えてくれた先生のおかげだと思っています。ありがとうございました。中学校に行っても、勉強ややりたいことに対して、今までよりももっとコツコツ頑張ろうと思います。

【保護者のメッセージ】
 自ら塾通いを決意し、始まった中学受験でした。始めは、翌日の宿題に追われる毎日で、時間に余裕のない生活でした。次第に、スケジュールを立て取り組むと、ヤル気も沸き、やりきることで満足感を得、毎日コツコツと進めていました。
 最後の一年の取り組み方を念頭に置き、志望校を決め、始めた六年生。とたんにコロナで学校も塾もオンラインで在宅になり、ペースが乱れてしまいました。不安にかられる中、なんとか奮起し、教材を埋めていくことで自分のペースを取り戻していきました。
 コロナ禍の中、受験当日まで心配が絶えない状況でしたが、マイペースながらも、たゆまぬ努力で目標を達成することが出来たと思います。 
 大変な一年の中、最後まで臨機応変に対応頂き、一人一人に寄り添ってご指導頂きました先生方に、心から感謝いたします。

ページの先頭へ

金蘭千里中学校の合格体験記

  • 金蘭千里中学校合格
  • 金蘭千里中学校合格