大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

合格おめでとう!

合格校
金蘭千里中学校
出身校
吹田市立東佐井寺小学校
出身教室
開成ベガ エール進学教室千里山田校

 私は5年生の始めごろに入塾しました。入塾のきっかけは、親に体験をすすめられて入塾したことがきっかけでした。入塾したばかりのころは、最終的に何をしたらよいのかが全くわからず授業を受けていました。5年生のうちは授業のスピードについていけず、成績があまり上がりませんでした。でも、段々と勉強のコツは身についてきていたことは確かです。
 6年生になって週テストを始めてから、1つ1つの単元のやり直しができて、その次の組分けテストからは、低迷していた算数が急に100点を超えるようになりました。そして、志望校も決めて合格のためにフル始動するようになりました。組分けテストや週テスト、駸々堂、合不合など全てのテストのやり直しをきっちりし、時間が経ってからもう一度やり直しをする……。このような勉強法で算数だけでなく理科や社会も成績が上がっていきました。
 しかし、国語だけはあまり成績がのびず、ひどい時は3分の1程度しかないときもありました。親から国語の文章読解法などを教えてもらい、入試へのカウントダウンがせまる中、ラストスパートに入っていきました。2020年は新型コロナウイルスの感染が広まっていき、かからないように気を付けながら、そして不合格への不安をいだきながら合格に向けて進めていきました。
 そして入試本番。緊張や不安でいっぱいになりながら入試に臨みました。そしたらなんと国語、前に塾で行った文章が出て時間短縮につながりました。
 入試本番では何があるのか分かりません。何が起こるのかも分かりません。でも、とにかくあきらめずに合格に向けて進むことが大切です。一度やり直したものは一週間ほど時間をあけてもう一度やる。そういうことが成績向上になると思います。後輩のみなさんもあきらめずに合格を目指して下さい。

【保護者のメッセージ】
「早い時期から目的意識を同じくする友人達と過ごして欲しい」という思いから、高校受験ではなく中学受験を決めました。親の私がしたことは、プリント管理と直しの徹底です。答案をチェックして、本人が避けている単元や間違えている問題を覚え書きし、一緒に勉強しました。まだまだ余力を残していると大いに感じていますが(笑)、良い受験に終わったとほっとしています。息子が頑張れたのは先生方やお友達の力が大きかったと思っています。ありがとうございました。

ページの先頭へ

金蘭千里中学校の合格体験記

  • 金蘭千里中学校合格
  • 金蘭千里中学校合格