大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

合格おめでとう!

合格校
大阪市立水都国際中学校
出身校
大阪市立北粉浜小学校
出身教室
開成教育セミナー 住之江駅前教室

 私は小学五年生の春頃に入塾しました。当初は受験の意識もうすく、勉強も必要最低限しかしていませんでした。しかし、受験の一年半前から少しずつ勉強の時間や方法を改善していきました。まず始めたのは、前年の合格体験記を読むことでした。合格した人達はどのように勉強していたものかを知り、参考にするためでした。そして、自分の苦手な分野を補ったほうが良いと知った私は、実行することにしました。自分の不得意なところを経験から分析し、克服するためのプリントを母や塾の先生に用意してもらい、ひたすら解きました。間違った問題は解説を読んだり、先生に解き方を聞いたりして理解するまで解きました。また、作文も自主作文や採点してもらった作文の見直し等に取り組みました。しかし、その努力が模試で反映されないこともありました。本番一か月前の模試で合格可能圏に入れなかったことです。当然、悔しかったですが、好機でもありました。なぜなら、私が「本番に弱い」ことを実感できたからです。そのため、次の日から家や塾の自習室で入試を再現して、適性検査の問題を解くいわゆる「場慣れ」の訓練を一日四時間行いました。またそれと同時に、面接の練習を二日に一回のペースで行いました。初めは緊張して面接官役の人の目も見られませんでした。しかし場数をふむうち、落ち着いて話せるようになりました。受験本番にはそれらの努力が上手く表れました。一日目の適性検査では場慣れの訓練のおかげであがらずに解けました。一方、二日目の面接は初めこそ心配でしたが、「大丈夫。」と自分をはげますと落ち着いて話せました。
 この受験から、私が合格に必要だと思ったことがあります。それは「自分に何が大切か考えること」です。私は本番への場慣れでした。何が苦手で何を伸ばすかを探し、計画を立てることで、効率良く自分の力を上げられる重要なことができると思います。

【保護者のメッセージ】
 2年間、本当によく頑張ったと思います。
 今受験を振り返ると、コロナ禍の為学校がお休みになり、また塾もオンライン授業に切り替わったりと、家にいる時間が圧倒的に多い中での受験勉強でした。なかなかメリハリがつかず、ペースを掴むのに苦労していました。
 親としては、落ち着いて見守る事が1番!と思いながらも、思うように模試の結果が出ないと焦ることもありました。しかし、何度も作文を書き直し、自分の弱いところを受け入れて勉強する娘の姿に、「納得するまで頑張ったのならそれでよい!」と思うようになりました。
 何かあるたび、先生方に相談させて頂いたのですが、「受験はマラソンだから、ダッシュして詰め込みすぎてもだめ」とアドバイスをいただきました。ゴールを定め継続して進んでいくのは、なかなか一筋縄ではいきません。先生方の細やかなアドバイスと丁寧に指導してくださった事が合格につながったのだと思います。先生方には深く感謝いたします。重ねてありがとうございました!

ページの先頭へ

大阪市立水都国際中学校の合格体験記

  • 大阪市立水都国際中学校合格
  • 大阪市立水都国際中学校合格
  • 大阪市立水都国際中学校合格
  • 大阪市立水都国際中学校合格
  • 大阪市立水都国際中学校合格
  • 大阪市立水都国際中学校合格
  • 大阪市立水都国際中学校合格
  • 大阪市立水都国際中学校合格
  • 大阪市立水都国際中学校合格
  • 大阪市立水都国際中学校合格
  • 大阪市立水都国際中学校合格
  • 大阪市立水都国際中学校合格
  • 大阪市立水都国際中学校合格
  • 大阪市立水都国際中学校合格
  • 大阪市立水都国際中学校合格
  • 大阪市立水都国際中学校合格
  • 大阪市立水都国際中学校合格
  • 大阪市立水都国際中学校合格
  • 大阪市立水都国際中学校合格
  • 大阪市立水都国際中学校合格
  • 大阪市立水都国際中学校合格
  • 大阪市立水都国際中学校合格
  • 大阪市立水都国際中学校合格
  • 大阪市立水都国際中学校合格
  • 大阪市立水都国際中学校合格