大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

合格おめでとう!

合格校
法政大学(法 法律)
出身校
清瀬高校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 東村山教室

僕は中学三年生からフリーステップでお世話になりました。高三の初めの頃は専門学校へ行くつもりでした。大学受験は全くするつもりはありませんでした。そんな時、僕の意識を変えてくれたのはフリーステップでのおかげです。
僕が進路について悩んでいる時、教室の先生が僕に大学へ通う意味、人生経験の重要さなどの大切な事を教えてくれました。その時の言葉がなければ、僕は進路を決断する事ができず、何をするにも遅かったと思います。
意識を変えてからは、今までにないほど頑張って勉強しました。覚えなければならない事は夏に終わらせるしかないと思い、その時期は夢中になって机にかじりついていました。最初は覚える事が辛く苦しい時が続きました。しかし、コツをつかむと覚える事が楽しくなりました。
得意教科を伸ばす事は僕にとって楽しいものでした。しかし、苦手教科を克服する事は苦しかったです。自分一人でうまくいかない時は教室の先生によく相談していました。親しく接してくれる講師の先生がいなければ、受験は上手くいかなかったです。受験は己との戦いですが、時に人を頼ると気持ちが楽になります。受験を終えて気づいた事ですが、人は自分が想像した以上の力を出せる事です。一日何時間も勉強するなんて自分にはできないと思っていました。しかし、実際やってみると何とかなるもので「やってみなきゃわからない」というのはこういう事だと感じました。僕が受験で全力を出せたのは塾の先生はもちろん、親や友達や僕を応援してくれた人のおかげです。受験勉強で辛い時、「この苦しみは自分だけじゃない」とか「応援してくれる人がいる」と想像するだけで力が湧きました。僕に力をくれた全てに感謝します。

【保護者からのメッセージ】
 息子の将来の夢は「警察官」。初め息子は大学へは行かず、専門学校への進学を考えていました。
 大学進学を希望しない理由は家計を思っての金銭的な事、なりたい物になれる選択肢があるのに、4年もかけて大学に行く意味が見出せないという事でした。
 警察官を目指すなら大学は出ておくべきと何度も話し合うも、本人の意志は固く、夏前の面談で出した答えは「専門学校への進学」でした。
 そこで塾長先生に、大学に進学する意味や意義、目指す将来を見据えた話をして頂き、そこで大学進学を決意してくれました。
 そこからは「受験をする」というスイッチに切替、勉強する様になりました。
二転三転する初めての共通テストに加え、コロナの影響もあり不安な日々を過ごしましたが、先生方に支えて頂き無事合格する事が出来ました。ありがとうございました。

ページの先頭へ

法政大学の合格体験記

  • 法政大学(理工 機械工-航空操縦)合格
  • 法政大学(理工 電気電子工 )合格
  • 法政大学(経済 現代ビジネス)合格
  • 法政大学(デザイン工 システムデザイン)合格