大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

合格おめでとう!

合格校
滋賀県立膳所高等学校(普通科)
出身校
近江八幡市立八幡西中学校
出身教室
開成教育セミナー 近江八幡教室

 私が塾に通い始めたのは、小学校四年生の頃でした。とはいっても、六年生になるまでは公開テストと夏期講習などしか受けていませんでした。本格的に受講しだしたのは県立中学受験のときからです。そのときの私は塾が嫌で嫌で仕方がありませんでした。だから三回に一回は休んでいた気がします。結局、県立中学には落ちてしまい入れませんでしたが、そのとき培った考える力や作文を書く能力は今でも役立っています。落ちても高校受験につながるので、小学生は試しに受けてみるのも良いかもしれません。
 大して中学受験に力を入れていなかった私は、落ちこむこともなくそのまま市内の中学校に通うことになりました。一応、一年生から塾に通っていたので、人並み以上には勉強していたと思います。この当時の先生は非常に教育に熱心な方で、私のペースに合わせて分かりやすく教えてくださいました。そのため、一年、二年と定期テストではたいへん良い成績を残すことができました。
 開成教育セミナーの授業の特徴は、同じ内容を期間を空けて、何回も行うところです。こんなことをしていても、意味はあるのかと思っていましたが、今思うとしっかりとした意味がありました。記憶とは残酷で必死に覚えても半年もしたら忘れていたり、逆にふとしたきっかけで嫌な記憶を思い出してしまったりします。そのふとしたきっかけを授業で何回も起こして、忘れてしまった勉強内容を体にしみつけていく、というのが開成教育セミナーの授業の意味です。塾で予習、学校で復習、そしてまた塾でも復習。そのスタイルで、私は合格をつかみとりました。個人的な意見ですが赤本に頼りすぎるのは愚策です。
 三年生時の先生は落ちついた先生で、高校入試の前、私が緊張しているときにすごく頼りになりました。これから受験を控えている人も、先生を信じ、コツコツと勉強を続けていってほしいと思います。

【保護者のメッセージ】
 受験生の母として、特別に何かをしたという気持ちはありません。塾までの送迎くらいでしょうか。勉強等の管理は、息子本人に任せておりました。昔、車中のラジオで、受験生が親にしてもらって、うれしかったことという話があり、それを聞いておりました。その時、男子学生が、いつもと変わらなかったことが一番うれしかったとの話があったのです。その時、その通りだなぁ、私も、その立場になったら、いつもと変わらない母でいようと決めたのです。受験という言葉を発する度に、少しずつ、子供の心を苦しくさせてしまうのではと考えました。受験対策については、すべて塾の先生にお任せしました。受験日前に不安になった子供をサポートしてくださったのも、塾長の三好先生です。大変、感謝しております。息子には、一人だけの力ではなかったことを忘れずにいてもらいたいです。大変、お世話になりました。本当にありがとうございました。

ページの先頭へ

滋賀県立膳所高等学校の合格体験記

  • 滋賀県立膳所高等学校(普通科)合格
  • 滋賀県立膳所高等学校(普通科)合格