大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

合格おめでとう!

合格校
大阪府立大手前高等学校(文理学科)
出身校
大阪市立鯰江中学校
出身教室
開成教育セミナー 蒲生教室

 僕は私立は開明、公立は大手前を受けて無事合格することができました。
 中学三年生になった初めの頃に長い自粛期間があり、その間に受験勉強をしようと考えていましたが、具体的に受験というものがわからず、まったく勉強していませんでした。
 そして、自粛期間が終わっても、修学旅行の計画が忙しかったので勉強しませんでした。そして、初めて五ツ木の模擬テストを受けて問題がとても難しかったこと、そして、志望校への判定がどれも悪かったことからやっと勉強しようと思う気持ちが芽生えました。しかし、勉強しようと思っていてもどのように勉強すればよいのかがわからなかったので、とにかくたくさん過去問を解こうと決めました。実際に解いてみると、あることに気付きました。それは、高校受験の問題はそれほど難しくないことです。僕は小学生のときにも中学受験をしました。受けた学校は開明中学校で、そのときの問題と高校との問題を比べてみると、中学校の方の問題は、小学校では習わず、中学校で習うようなものが多く、それに対し、高校では中学校で習ったことがほとんどでした。つまり、高校受験では、中学生の内に習ったことの基礎さえしっかりとできていれば、後は行きたい高校の出題傾向を把握すれば行きたい高校に行くことができます。そのことに気付いた僕は、まず基礎を徹底的に勉強し、過去問を解き始めるのは、入試の約二カ月ほど前からにしようと決めました。そして、その通りに勉強すると、私立高校は何の問題もなく合格することができました。そして公立は過去問を解くと、少しひらめきも必要だと思い、過去問を多く解くのではなく、難しい問題に挑戦し、ひらめきやすくなるようにし、実際に入試に臨むと、つまることなく解けました。そして合格できました。

【保護者のメッセージ】
 小学生の時、中学受験として咲くやこの花を受験し不合格に…。その分、中学に入ってからは、中1の時から漠然とですが「大手前目指して、学年30位以内キープを」と、声をかけていました。
 学校での定期テスト、成績の積み重ねで、継続して勉強しつつ、遊びたければ好きにゲームをさせていました。学生は学ぶこと、勉強することが仕事。社会に出れば、今のような環境ではなくなっても、日々勉強しつつ働かねばなりません。
 「志望校に入るんだ」と、本人が強い気持ちで頑張った結果が出たのだと思いますが、指導してくださった先生方によるところも大きかったと思います。
 ありがとうございました。

ページの先頭へ

大阪府立大手前高等学校の合格体験記

  • 大阪府立大手前高等学校(文理学科)合格
  • 大阪府立大手前高等学校(文理学科)合格