大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

合格おめでとう!

合格校
大阪府立高津高等学校(文理学科)
出身校
大阪市立東中学校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 玉造教室

僕は一年生の頃は、テスト前しか勉強していなくて、サッカーの方に力を注いでいました。一年生の頃はそれで点数をとれていましたが、勉強の内容が難しくなるにつれて点数が伸びにくくなりました。そう思い始めたのが2年生の中間くらいでした。そこからは、テスト前だけじゃなく少しずつ勉強をする習慣をつけていきました。その少しの努力だけでもテストの点数は、伸びていきました。そこからは、勉強をやった分だけ、成績が伸びるので、勉強のやる気が出てきました。
 二年生の終わりの頃に、サッカーの大会で勉強を少しサボっていました。「このままでは志望校に受からない。」と思いつつ、あんまりやる気が出なくて、少しスランプに落ちました。そこからあまり成績が変化しなくそのままサッカーの休部を迎えました。そこからは勉強一本に集中することができると思っていましたが、一回目の五ツ木、二回目の五ツ木と、どちらもE判定で志望校を変えるか本当に悩みました。しかし、僕はそこに絶対に行くと思っていたので、上手くモチベーションを保つことができました。学校の授業では予習と復習をして、質と量の両方を確保して取り組みました。家では過去問や模試を活用して取り組みました。家では、今日一日やることを紙に書いて達成したら線を引くというシンプルな方法でモチベーションを保っていました。いろいろ試行錯誤して、自分に一番あう勉強法をあみ出しました。そして模試の判定も順調に良くなり、最後の五ツ木ではB判定くらいを取ることが出来ました。それから、一瞬気がゆるんだりもしたけど最後は、やり切ることが出来たので、自信をもって、本番に望むことが出来ました。僕の体験から伝えたいことは二つです。
 一つ目は、自分なりの勉強方法をあみ出すことです。有名な勉強法でも人によって合う合わないがあります。なので自分なりに試行錯誤して見つけてください。
 二つ目は、自分が、どんな立場に追い込まれても絶対にあきらめないことです。とてもありきたりな言葉ですが、これが入試において一番大切です。入試が終わった時に、勉強してて良かったと思える瞬間が絶対に来ます。これを信じて頑張ってください。

ページの先頭へ

大阪府立高津高等学校の合格体験記

  • 大阪府立高津高等学校(文理学科)合格
  • 大阪府立高津高等学校(文理学科)合格
  • 大阪府立高津高等学校(文理学科)合格
  • 大阪府立高津高等学校(文理学科)合格
  • 大阪府立高津高等学校(文理学科)合格
  • 大阪府立高津高等学校(文理学科)合格
  • 大阪府立高津高等学校(文理学科)合格
  • 大阪府立高津高等学校(文理学科)合格
  • 大阪府立高津高等学校(文理学科)合格