大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

合格おめでとう!

合格校
大阪府立豊中高等学校(文理学科)
出身校
吹田市立佐井寺中学校
出身教室
開成教育セミナー エール進学教室千里山田校
個別指導学院フリーステップ 千里山田教室

 私は受験で大切だと思うことを二つ書きたいと思います。
 一つ目は受験だからといっていままで普通に続けていたことをやめてはいけないということです。なぜなら、いままで続けてきたことをやめたことによってできた空白の時間を勉強に使おうと思ってもいざとなってはできず、ただの遊ぶ時間になってしまうと思うからです。私は小さい頃から水泳を続け、受験のギリギリまで水泳をしていました。その水泳をしている間にみんなが勉強をしているから、私もやめて勉強をしたいと思うことは何度もありました。しかし、それでも水泳をやめず、みんなに水泳をやっていた間にぬかされた分もおいつかないとという強い気持ちのおかげでみんなに追い抜かれることなく、ついていけたのだと思います。もし私がすぐに水泳をやめていたら、みんなに離されていっている実感を持てず、中途半端な勉強の仕方になっていたかもしれません。だから私は、焦りを感じながらも、いままでやってきたことをやめずに勉強も頑張ることが大切だと思います。
 二つ目として前日に焦るような勉強の仕方では駄目ということです。前日に勉強したからって覚えることの出来る量はそれほど多くありません。わからなくて焦るのは三日前ぐらいにして、二日前や前日は復習に専念するのが良いと思います。なので前日は心を落ち着かせ、ダンスを踊れるぐらいに心に余裕をもたせることが大切だと思います。心を落ち着かせるためにもたくさん勉強をし、これだけやったから大丈夫と思うのも良いと思います。
 私は勉強の効率が良いとは言えません。だから、人の何倍も努力する必要がありました。そして、この二つのことに意識しながら勉強し、諦めなかったことで合格ができたのだと私は思います。

【保護者のメッセージ】
 幼い頃から続けている水泳と勉強の両立を目指して、中一の春からお世話になりました。欠席をしたときには補習授業を組んでもらい両立に向けた体制を整えて頂きました。
 受験期に入り、勉強に集中をし始めてからは、シリウスの仲間と切磋琢磨し、授業以外は自習室に通う日々でした。息子は家ではほとんど勉強をしませんでしたが、塾でしっかりと取り組んでいたようで、メリハリのついた生活を送っていました。
 公立受験から帰ってきて「これで落ちていても悔いはない」と言ったのが印象的で、そう言えるだけの頑張った時間があったのだと感じました。第一志望に合格が出来たのは、塾での時間があったからだと思います。遅くまでご指導頂いた先生方、本当にありがとうございました。

ページの先頭へ

大阪府立豊中高等学校の合格体験記

  • 大阪府立豊中高等学校(文理学科)合格
  • 大阪府立豊中高等学校(文理学科)合格
  • 大阪府立豊中高等学校(文理学科)合格
  • 大阪府立豊中高等学校(文理学科)合格